Category » 商品紹介

MERIDA eONE-SIXTY800 ご予約受付は今週30日までです。

欧州で一昨年発表と同時にMERIDAが当初予測していた以上の受注が入り、各メディアでの評価も高い電動アシストフルサスペンションMTBが日本国内向けにシマノSTEPS E8080を搭載して発表されましたというのは先日もお伝えしました。

MERIDA  eONE-SIXTY 800
(E-MOUNTAINBIKE MAGAZINEのサイトにリンクしてます)

今シーズンは受注分限定生産となります(納車は来春5月頃)。

ご予約受付は11月30日(金)までとなります。
次回は無いとのことです(2020年モデルとして来年7月発表で再度国内展開するかどうかもまだ決まっていないそうです)。


下の動画はeONE-SIXTY900を紹介しているものになります。
日本国内に展開される800との違いはサスペンションや変速機関係などでフレームとアシストユニットもE8000からE8080になるだけで同じものになります。
またカラーリングは我々パートナーショップのわがまま?をMERIDAが聞いてくださりインターナショナル展開の800と同じではなくこの動画に出てくる900と同じものになります。


************************************************

eBIKE先進の欧州で年々人気が拡大しているのが山の中で遊び倒すためのパフォーマンスeMTB。
MERIDAは昨年の段階でアジア、特に日本市場向けに欧州で販売しているフレームを生かしてシマノSTEPS8080を搭載するためにカスタムを施してなるべく早く投入できるように準備を進めると言っていました。

その第一弾が7月に発表になったeBIG.SEVEN 600だったのですが、待望のフルサスペンションモデルが来春発売になります。
前後160㎜トラベルのサスペンションを搭載したオールマウンテンモデルのONE-SIXTYは同クラスのバイクの中では元々登りなどでもしっかり走ってくれるバイクとして定評がありましたが、それに電動アシストユニットが追加されることで誰だってツライ登りを難無くこなせるようになることでより長い時間距離を遊びまわれるようになります。
受注分限定販売となるこのバイクの受注締め切りは11月30日までとなっていますので気になる方はお早目にどうぞ。
伊豆の国のMERIDA X BASEではカラーリングは異なりますが実車を見ることもできます。
税抜550,000円

ご予約お待ちしております。
カラーリングはこんな感じになります(サスペンションユニットなどパーツの仕様はこの写真とは異なります)。
これぞMERIDAなグリーン主体のフレームは山でも街でも映えますね。
昨年10月にメリダ・パートナーショップ向けのミーティングで初めて現物を見て乗って(欧州版)、その後今年7月の19年モデル発表会ではE8080を搭載した国内仕様をさんざん試乗してきました。
eBIKEってどんな感じのものなのか?欧州版との違いは?など電動アシストスポーツバイクのことでしたら私自身それなりに乗っていますのでお気軽にお尋ねください。

eBIG.SEVEN 600は常時店頭に試乗車がございます。

先日のMTB朝サイクリングはeBIG.SEVENで、、、27.5インチのBIG.SEVENにホイールを交換し700×45cのグラベルタイヤを装着してオンロードでの走行性を良くしてみました。
(左が標準装備の27.5×2.2、右が700×45c)
走る環境、遊び方でタイヤの選択肢が広いのはマウンテンバイクだからこそ、、、この700c仕様ならオンロード主体で林道走行も含めたロングライドもSTEPS E8080の大容量バッテリーBT-E8010のお陰で安心(ミヤタCRUISEに搭載されているBT-E6010バッテリーよりも容量が大きいです)ですし、マウンテンバイクですから元の27.5×2.2のタイヤであればそれこそどこでも走りに行けます。

是非最新の電動アシストスポーツバイクを体験しにお越しください。

当店ではもう1台ミヤタ・リッジランナーも常時お試しいただけます。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


MTB始めてみませんか? SCOTT SCALE

明日18日(日)はロード1dayサイクリングを開催するためお休みさせていただきます。

********************************

これからマウンテンバイクを始めてみようという方にお勧めの2台が入ってきました。
トレイル遊びはこれから冬の間が一番楽しめます、下草が無くなり、虫もいなくなって快適。

そんなトレイルライドを買ったままでも十分に満喫できるエアサスペンションと油圧ブレーキを搭載したモデルがこちら、、、



SCALE 960       税抜き159,000円
SCALE 980   税抜き135,000円

2台の違いはフロントサスペンションとブレーキのグレードの差だけで、ドライブ系はどちらもSRAM NXのフロントシングル×リア12速となっています。
先にエアサスペンションと書きましたが、サスペンションはダンパー機能とスプリング機能が合わさってサスペンションという衝撃吸収を担うものになっています。そのスプリング機能には金属コイルバネを用いたものと、空気圧を用いた2種類が主流で、前者は最初に入っている金属バネの強さによってほぼ伸び縮みする硬さ強さが決まってしまいますが、エアを用いる後者は空気圧を乗り手の体重などに合わせて細かく調整できることでサスペンションが本来持っている性能を使いやすくなっています(100㎜トラベルなら限りなく100㎜サスペンションを作動させることができます)。
また油圧ブレーキに関しては軽いタッチで確実に制動してくれることからMTBでは当たり前の装備ですが、メンテナンス性やアフターパーツの安心感もあるシマノ製のものが装備されています。

初めてのマウンテンバイクには必要十分なこのモデルお勧めですよ。



**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


2019 SCOTT 入荷始まってます。

まずはADDICT 10 DISCが入荷しました。
この渋いカラーリングは現車を是非見て確認していただきたいですね。
軽さと速さを両立したADDICT、そのフレーム特性を活かしながらDISCブレーキモデルは32cのタイヤを装着されることで更に安心感と快適性が得られる1台になっています。

ADDICT 10 Disc   税抜き369,000円



**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


MERIDA eONE-SIXTY800発表

eBIKE先進の欧州で年々人気が拡大しているのが山の中で遊び倒すためのパフォーマンスeMTB。
MERIDAは昨年の段階でアジア、特に日本市場向けに欧州で販売しているフレームを生かしてシマノSTEPS8080を搭載するためにカスタムを施してなるべく早く投入できるように準備を進めると言っていました。

その第一弾が7月に発表になったeBIG.SEVEN 600だったのですが、待望のフルサスペンションモデルが来春発売になります。
前後160㎜トラベルのサスペンションを搭載したオールマウンテンモデルのONE-SIXTYは同クラスのバイクの中では元々登りなどでもしっかり走ってくれるバイクとして定評がありましたが、それに電動アシストユニットが追加されることで誰だってツライ登りを難無くこなせるようになることでより長い時間距離を遊びまわれるようになります。
受注分限定販売となるこのバイクの第1弾受注締め切りは11月30日までとなっていますので気になる方はお早目にどうぞ。
伊豆の国のMERIDA X BASEではカラーリングは異なりますが実車を見ることもできます。
税抜550,000円

ご予約お待ちしております。
カラーリングはこんな感じになります(サスペンションユニットなどパーツの仕様はこの写真とは異なります)。
これぞMERIDAなグリーン主体のフレームは山でも街でも映えますね。
昨年10月にメリダ・パートナーショップ向けのミーティングで初めて現物を見て乗って(欧州版)、その後今年7月の19年モデル発表会ではE8080を搭載した国内仕様をさんざん試乗してきました。
eBIKEってどんな感じのものなのか?欧州版との違いは?など電動アシストスポーツバイクのことでしたら私自身それなりに乗っていますのでお気軽にお尋ねください。

eBIG.SEVEN 600は常時店頭に試乗車がございます。

先日のMTB朝サイクリングはeBIG.SEVENで、、、27.5インチのBIG.SEVENにホイールを交換し700×45cのグラベルタイヤを装着してオンロードでの走行性を良くしてみました。
(左が標準装備の27.5×2.2、右が700×45c)
走る環境、遊び方でタイヤの選択肢が広いのはマウンテンバイクだからこそ、、、この700c仕様ならオンロード主体で林道走行も含めたロングライドもSTEPS E8080の大容量バッテリーBT-E8010のお陰で安心(ミヤタCRUISEに搭載されているBT-E6010バッテリーよりも容量が大きいです)ですし、マウンテンバイクですから元の27.5×2.2のタイヤであればそれこそどこでも走りに行けます。

是非最新の電動アシストスポーツバイクを体験しにお越しください。

当店ではもう1台ミヤタ・リッジランナーも常時お試しいただけます。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


FEEDBACK SPORTS トルクラチェットレンチ

自宅で自転車整備をするのに最適なトルクレンチのセットがFEEDBACK SPORTSから発売されました。
自転車の小さなボルト類はどのくらいの力で締めればいいのかわかりにくく一般的六角レンチなどを使用しているとオーバートルクで部品を破損させたりボルトそのものを痛めてこられる方も結構いらっしゃいます。
今までも比較的手ごろな価格のものは無くはなかったのですが使い勝手も含めこれはいいのではと思える商品です。
2Nm~10Nmまでカバーしてます。
WAKO’Sのチェーンルブ缶を並べてみたところ
これだけコンパクトで14種類のビットも付属しケースに収めておけますので遠征に持って行くのにも便利ですよね。

10,800円(税込)

**************************
MERIDA・SCOTT・LOOK・FOCUS・CORRATEC・NINERなどなど
クロスバイク、ロードバイクそしてMTBとスポーツバイクのことは何でもご相談ください。
横浜駅西口、浅間下交差点近くのサイクラリー喜輪
**************************


MERIDA 2019入荷してきてます。

先に今週末の予定です。
明日3日(土)は13:00~19:00
4日(日)は12:00~19:00
の営業となります。



まだ整備完了していませんが、メリダ2019年モデルの常設試乗車が追加です。
インターナショナルでカーボンフレーム採用の27、5インチモデルBIG.SEVENが無くなったことで今年はBIG.NINEのラインアップが増えました。その中でも目を引くカラーリングのBIG.NINE5000はトレイルライドからXCレースデビューまで幅広く使っていただける1台です。

税抜279,000円

バーレーンメリダのチームカラーが濃紺から黒に変更になりました。
昨年までの濃紺もかっこよかったですが、黒にゴールドのラインがなんともいい感じ。
SCULTURA DISC 4000
サイクリングで一番大切なのは速く走ることよりもいつでも確実にしっかり止まれること、
油圧DISCブレーキは軽いタッチで制動してくれますのでロングライドでも安心です。
税抜269,000円

1台であらゆるシーンを楽しめるロードバイクがSILEX。
35cと太めのグラベルタイヤは路面からの振動を和らげてくれ多少のオフロードも難なくこなせますし、高めのハンドル位置はリラックスした乗車ポジションも取りやすくなっています。オプションの専用BAG類も充実しているので1dayから数日のツーリングまで気ままに楽しんでもらえる1台、もちろんブレーキは油圧DISCとなっています。
SILEX 400
税抜209,000円

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

 ***************


eBIKEの試乗車追加しました、MERIDA eBIG.SEVEN 600

ミヤタ・リッジランナーに続き今回入荷したのはMERIDA  eBIG.SEVEN 600。
リッジランナーと同じシマノSTEPS8000系のユニットを搭載していますのでアシストの具合は同じですが、eBIG.SEVENは27.5×2.2のタイヤが付いていますので舗装路や締まった路面のダートなどではこちらの方が軽快感があるように感じるかもしれません。
29インチのホイールを用意して38cほどのタイヤを装着すればホイール外径もほぼ同じになり、よりオンロード主体の使い方もできるようになるかと思います。
MTBはタイヤ選択の幅が広いので1台持っていればいろんな用途に活用できますよ。
シマノDEORE系がアッセンブルされています。
カタログ値で最大140㎞走行可能(ecoモード)な大容量BT-E8010
実際に走ってもらうと分かりますが一般的なサイクリング(トレイルライドも含む)では登り以外は信号などのストップアンドゴーの時が一番電力を消費する(時速20㎞弱までが)くらいなので一番アシストの強いハイモードで使っていてもカタログ値よりも長い距離バッテリーが持ってくれる印象です。
前後のランプの他にボトルケージとサイドスタンド(簡単に取り外しできます)が付属してきます。

実測重量は写真のサイドスタンドを外した状態で18.95㎏とこのクラスの車種としてはメリダも言ってましたが最軽量クラスだと思います。

ミヤタ・リッジランナーと共にいつでも試乗可能ですのでお気軽にご利用ください。

税抜359,000円

先日もご案内した下記バイクもいつでも試乗OKです。
メリダの新作シクロクロスモデル  MISSION CX 5000(サイズ47)
1台でオンオフ問わずロングライドを楽しめると当店でも人気が高いSILEX 9000(サイズ50)

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************

 



2019 シマノnewXTRとnew105

12速化された9100系新型XTR
7000系105で気になったのはDISCブレーキ用のレバー
右が他のモデルと同じ標準タイプなのに対して、左(ST-R7025)は手の小さな人でもレバーに指がかかりやすいように幅広な形状になっています。



**************************
横浜駅西口、浅間下交差点近くのスポーツサイクルショップ、
MERIDAとSCOTTをメインにロードバイク、MTBどちらもサイクリングイベントなども行っています。
**************************