Tag » MTB

MERIDA 2020 の気になるバイク紹介。

先にeBIKEのことをアップしましたがMERIDA2020年モデルの発表試乗会のために火曜水曜の2日間伊豆のX BASEと御殿場MTBパークFUTAGOに行ってきました。

2020年モデルに関してメリダはロードモデル、MTBモデルでフレームの変更を伴うモデルチェンジはありません。
2019年モデルでまだメーカー在庫が有るものもございますしSALE中でもありますので価格やカラーリングなどのお好み次第ではお買い得感があると思いますのでご検討いただければと思います。

まずはロードバイク
先に書いたようにフレーム自体のモデル変更がない事で20年モデルにもリムブレーキとDISCブレーキのモデル両方から選ぶことが可能です。
他社の20年モデルをすっでにご覧になっていらっしゃればお気付きでしょうが新設計のnewモデルはほぼほぼDISCブレーキオンリーになってきています。
当店ではずいぶん前からこれからロードバイクを選ばれる方に対してはレース使用以外であればリムブレーキをわざわざ選ぶ理由は無いと思っていましたし、油圧DISCブレーキの優位性は何度も書いたり店頭でお話したりしてきていました。
メリダでも欧州では2年前に出荷ベースでリムブレーキモデルとDISCモデルの数量が逆転していると聞いていましたのでメーカー側のこの流れは当然のことと思います。
2020年モデルのメリダ国内展開もリムブレーキモデルを残しつつDISCブレーキモデルがラインナップの半分以上を占めるようになってきました。

新城幸也選手も乗るバーレーンメリダのチームモデルが2020年モデルではCF4フレーム販売のみとなります。
SCULTURA フレームセット BAHRAIN MERIDA  リムブレーキ  319,000円(税抜き)
SCULTURA フレームセット BAHRAIN MERIDA  DISCブレーキ    329,000円(税抜き)
REACTO フレームセット BAHRAIN MERIDA  リムブレーキ  339,000円(税抜き)
REACTO フレームセット BAHRAIN MERIDA  DISCブレーキ    369,000円(税抜き)

2019年チームカラーモデルのメーカー在庫状況
REACTO 4000、REACTO 4000 DISC、REACTO 400
SCULTURA 4000、SCULTURA 4000 DISC、SCULTURA 700
それぞれかなり数が少なくなってきているモデル、サイズもありますが人気のチームカラー今ならまだ間に合います。
グロスブラックに赤とゴールドのライン、普通に見てかっこいいですよね。
最初は日本から始まった・・・
ドイツで開発をされるMERIDAはどうしてもドイツ人目線になりサイズに関していえば小さなアジア人のことは正直あまり頭になかったというのが本音なのかもしれませんが、、、
ミヤタサイクルが日本国内代理店になってから我々ディーラー側から要望してメリダが形にしてくれたのが2015年モデルのRIDE 410 &210といったスモールサイズフレームのモデルでした。身長150cmくらいの方から乗っていただけるサイズ展開をしてくださったことで女性をはじめ多くの方に乗っていただけるようになりました。
実際他の国からも引き合いがあったようで16年にはカーボンモデルも加わり19年モデルまでラインナップが増えてきていましたが、その間に更に要望を出していたのがDISCブレーキモデルのスモールサイズ。背が小さい、手も小さく握力も低い方にとって油圧ブレーキはそれこそロングライドの強い味方になってくれるのになかなかお勧めできるバイクがありませんでした。
2020年モデルではCF2フレームモデルのみですがカーボンDISCフレームモデルにこれまで無かったトップチューブ長の短いモデルがインターナショナルモデルとして登場です。

SCULTURA DISC 6000、SCULTURA DISC 4000、SCULTURA DISC 400
の3車種にフレームサイズ41(トップ長500㎜)が追加
REACTO DISC 7000-E、REACTO DISC 6000、REACTO DISC 4000
の3車種にフレームサイズ44(トップ長515㎜)が追加

更にシマノ105仕様のモデルには手の小さな方向けのレバー形状をしたST-R7025が付いてきます。

SILEXが更なる進化・・・進化と書くと大袈裟ですが・・・
元々650b(27.5インチ)のマウンテンバイクタイヤも付けれますよというものだったのですが、700×38cのタイヤ装備のモデルの他に650b×45のタイヤのモデルがSILEX+(プラス)として出てきました。
レーシングロードバイクとは違いアップライトなポジションで安定感のあるフレームはロングライドでの身体の負担を軽くしてくれます。
フレームに取り付けられるBAG類も豊富なので1泊2泊くらいの小旅行ならバイクに付けるBAGだけで出かけられ、太めのタイヤのお陰で路面を選ぶ必要もなくなるので未舗装林道からトレイルまで安心して入って行けますね。
SILEX+ 8000-E          499,000円(税抜き)
にはシマノから発売になったばかりのグラベルロード用コンポーネントGRX Di2が付いてきます。
このDISCブレーキブラケット、めちゃめちゃ握り心地いいですよ。
ブラケット先端が反り返ったようなデザインになっている上に全体が細身でしっかり握れ、ダート走行時や峠の長い下りで手がすっぽ抜けそう・・・なんて心配が全く無くなると思います。なんで他のレバーもこの形状を採用しないのか不思議。

MISSION CX  Force-Edition
659,000円(税抜き)   フレーム価格249,000円(税抜き)
写真だと伝わりにくいですがラメが入っていやはやかっこいい・・・とカラーリングはどうでもいいですかね。
こちらのモデルにも最新コンポが搭載、SRAM FORCE eTAP AXS、リア12速ワイヤレス電動変速システムが 付いてきます。

MATTS J.20+    63,900円(税抜き)
実測9.5㎏ほどの20インチホイールのキッズモデルです。
2.4インチ幅のセミファットタイヤを履くことでクッション性が増し、キッズMTBでデメリットとなりうる重たいサスペンション要らず。
油圧DISCブレーキが装備されているので手が小さくて握力無いお子様でも安心です。
身長110cmくらい~
MATTS J.24+      67,900円(税抜き)
こちらは24インチモデル。
重量10㎏チョッととこちらも同クラスではかなり軽い部類ではないかと思います。
小さなお子様が自転車を操作するのって結構力のいる作業、体重比、筋力比でいったら我々大人が20数kgのスポーツバイクだったらどうですか???という話になりますので、一緒にサイクリングを楽しんだりするのであればお子様の自転車こそしっかりした軽いものに乗せてあげたいですよね。
このモデルも当然油圧DISCブレーキと2.4幅のセミファットタイヤ装備です。
身長130cm強くらい~

メリダ2020年、この他のモデルに関しても店頭にカタログを持ち帰っていますので19年との比較などをしながらじっくりお話しさせていただきます。

2019年モデルは現在SALE中です(価格は店頭でのみお知らせいたしますのでお電話、メールでのお問い合わせはご遠慮ください)。

2020年モデルは8月末まで早期ご成約特典をご用意してご来店をお待ちしております。


MERIDA 2020年モデルの実車をいち早く見てみたいという方へ
伊豆のMERIDA X BASEでは8月31日(土)から展示車両を全て2020年モデルへ入れ替える予定となっています。
もちろん見るだけでなくレンタルしての試乗も可能ですのでご興味のある方はどうぞ。
*eBIKEの試乗レンタルは型式認定取得の関係で10月以降になるということです(展示はされます)。


***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


eBIKEで山遊び

12日の日曜日はMTB1dayサイクリングでした。
今まで押し上げるしかなかった尾根への登りもeBIKEなら全乗車、辛く苦しいことが無くなったら山遊びはホント楽しいことだけ、もはや登りも楽しいと思わせてくれる電動アシストマウンテンバイクはレースをしなくなった身にとっては最高の相棒です。
思いっきり走り回って全行程27㎞。
ロードバイクの方からしたら『それだけ?』と思われると思いますがMTBでのトレイルライドとしては一般的には結構走ったねという感じ、新緑の山に癒された1日でした。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


MERIDA eONE-SIXTY800

5月に先行予約分が入荷してくるメリダのフルサスペンションeマウンテンバイク、eONE-SIXTY800は2020年モデルとして本格的に展開されることになりました。
入荷時期は9月~10月頃、価格は税抜き580,000円(先行受注分から30,000円値上がり)となります。
10月には消費税も上がりますのでお考えの方はお早めのご予約をお勧めいたします。
こちらが2020年モデルとして展開されるモデルで仕様は5月に入荷してくるものと基本全く一緒になります。
(伊豆のMERIDA X BASEで実車展示中、5月には当店にも入荷してきます)
サイクルコンピューター部分は下の小型化された新型が付いてきます。
5月の先行分は完売しております。
2020年モデル、もちろん当店でご予約承っておりますのでご来店お待ちしております。

シマノSTEPS搭載モデルの試乗車(ミヤタ・リッジランナーとMERIDA eBIG.SEVEN600)を常にお試しできるように店頭にご用意しておりますので最近話題のeBIKEって実際どうなのとご興味出てきた方もお気軽にお試しください。

********************************
最初にも書きましたが10月には消費税が10%になります、当たり前ですが10万円の商品だと2,000円変わってくるということ。
自転車も例外ではありません。
それに加えて原材料費の高騰や、国内では配送費の高騰などの影響もあって既に自転車パーツなどはここ数年価格改定で値上げが続いています。
2020年モデルの自転車本体に関しても同様、各社今年のモデルよりも安くなるということはまず無いというよりも同じモデル名でも値上げされるかスペックダウンを余儀なくされると思っておいた方がよろしいかと思います。
(eBIKEに関しては一度型式認定を取ったモデルに関してはパーツを変更すると認定再取得となることから上のeONE-SIXTYは2020年モデルもそのままのスペックとなるとのことです。)
********************************

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


MTBトレイルサイクリング

先週土曜日はMTBでトレイルライドしてきました。
もう最近はこればっかり乗ってます、ミヤタ・RIDGE-RUNNER。
MERIDA・BIG.NINE Teamも持ってはいますが山遊びにはこちらの方が圧倒的に楽しい、、、理由は単純明快、絶対に乗って行けなかった尾根までの登坂、軽く15分ほど押し歩きしていた登りを全乗車できることで余計な汗をかかずにすむのでその後冷えることも無く、息も上がらず、歩きでの登坂で脚を消耗することも無い。
一番楽しい尾根道ライドを体力的にも余裕を持って走れるので今まで以上に山の中を長く走り回れます。
トレーニングでもレースでもないので辛いことはいらない、、、いやはやホント楽しいだけなのがE-BIKEのいいところ。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋・サイクラリー喜輪
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

eBIKEいつでも試乗できます。
MERIDA:eBIG.SEVEN600
ミヤタ:RIDGE-RUNNNER

***************


MTB1dayサイクリング

24日はお休みして北関東のトレイルへ行ってきました。
初めて行った里山は新鮮、チームメンバーが案内してくれたので付いて行くだけというのも楽しさを増してくれました。



最近は全然BIG.NINE乗ってませんが今回も私はeMTB、登りで体力気力を削られないので山の中での走りに集中できて普通のバイクで走りに行くときの倍は楽しめます・・・

結果疲労は同じ。

ホント楽しい山だったのでまた行きたいと思います。
***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


MTBサイクリング

2日の日曜日は都内西部でMTBライドをしてきました。

これからがトレイルが楽しくなる季節です。マウンテンバイク始めるには一番いい時期でもありますよ。




走り終えた後に近所の滝を見に、、、

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


MERIDA eONE-SIXTY800 ご予約受付は今週30日までです。

欧州で一昨年発表と同時にMERIDAが当初予測していた以上の受注が入り、各メディアでの評価も高い電動アシストフルサスペンションMTBが日本国内向けにシマノSTEPS E8080を搭載して発表されましたというのは先日もお伝えしました。

MERIDA  eONE-SIXTY 800
(E-MOUNTAINBIKE MAGAZINEのサイトにリンクしてます)

今シーズンは受注分限定生産となります(納車は来春5月頃)。

ご予約受付は11月30日(金)までとなります。
次回は無いとのことです(2020年モデルとして来年7月発表で再度国内展開するかどうかもまだ決まっていないそうです)。


下の動画はeONE-SIXTY900を紹介しているものになります。
日本国内に展開される800との違いはサスペンションや変速機関係などでフレームとアシストユニットもE8000からE8080になるだけで同じものになります。
またカラーリングは我々パートナーショップのわがまま?をMERIDAが聞いてくださりインターナショナル展開の800と同じではなくこの動画に出てくる900と同じものになります。


************************************************

eBIKE先進の欧州で年々人気が拡大しているのが山の中で遊び倒すためのパフォーマンスeMTB。
MERIDAは昨年の段階でアジア、特に日本市場向けに欧州で販売しているフレームを生かしてシマノSTEPS8080を搭載するためにカスタムを施してなるべく早く投入できるように準備を進めると言っていました。

その第一弾が7月に発表になったeBIG.SEVEN 600だったのですが、待望のフルサスペンションモデルが来春発売になります。
前後160㎜トラベルのサスペンションを搭載したオールマウンテンモデルのONE-SIXTYは同クラスのバイクの中では元々登りなどでもしっかり走ってくれるバイクとして定評がありましたが、それに電動アシストユニットが追加されることで誰だってツライ登りを難無くこなせるようになることでより長い時間距離を遊びまわれるようになります。
受注分限定販売となるこのバイクの受注締め切りは11月30日までとなっていますので気になる方はお早目にどうぞ。
伊豆の国のMERIDA X BASEではカラーリングは異なりますが実車を見ることもできます。
税抜550,000円

ご予約お待ちしております。
カラーリングはこんな感じになります(サスペンションユニットなどパーツの仕様はこの写真とは異なります)。
これぞMERIDAなグリーン主体のフレームは山でも街でも映えますね。
昨年10月にメリダ・パートナーショップ向けのミーティングで初めて現物を見て乗って(欧州版)、その後今年7月の19年モデル発表会ではE8080を搭載した国内仕様をさんざん試乗してきました。
eBIKEってどんな感じのものなのか?欧州版との違いは?など電動アシストスポーツバイクのことでしたら私自身それなりに乗っていますのでお気軽にお尋ねください。

eBIG.SEVEN 600は常時店頭に試乗車がございます。

先日のMTB朝サイクリングはeBIG.SEVENで、、、27.5インチのBIG.SEVENにホイールを交換し700×45cのグラベルタイヤを装着してオンロードでの走行性を良くしてみました。
(左が標準装備の27.5×2.2、右が700×45c)
走る環境、遊び方でタイヤの選択肢が広いのはマウンテンバイクだからこそ、、、この700c仕様ならオンロード主体で林道走行も含めたロングライドもSTEPS E8080の大容量バッテリーBT-E8010のお陰で安心(ミヤタCRUISEに搭載されているBT-E6010バッテリーよりも容量が大きいです)ですし、マウンテンバイクですから元の27.5×2.2のタイヤであればそれこそどこでも走りに行けます。

是非最新の電動アシストスポーツバイクを体験しにお越しください。

当店ではもう1台ミヤタ・リッジランナーも常時お試しいただけます。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


MTB始めてみませんか? SCOTT SCALE

明日18日(日)はロード1dayサイクリングを開催するためお休みさせていただきます。

********************************

これからマウンテンバイクを始めてみようという方にお勧めの2台が入ってきました。
トレイル遊びはこれから冬の間が一番楽しめます、下草が無くなり、虫もいなくなって快適。

そんなトレイルライドを買ったままでも十分に満喫できるエアサスペンションと油圧ブレーキを搭載したモデルがこちら、、、



SCALE 960       税抜き159,000円
SCALE 980   税抜き135,000円

2台の違いはフロントサスペンションとブレーキのグレードの差だけで、ドライブ系はどちらもSRAM NXのフロントシングル×リア12速となっています。
先にエアサスペンションと書きましたが、サスペンションはダンパー機能とスプリング機能が合わさってサスペンションという衝撃吸収を担うものになっています。そのスプリング機能には金属コイルバネを用いたものと、空気圧を用いた2種類が主流で、前者は最初に入っている金属バネの強さによってほぼ伸び縮みする硬さ強さが決まってしまいますが、エアを用いる後者は空気圧を乗り手の体重などに合わせて細かく調整できることでサスペンションが本来持っている性能を使いやすくなっています(100㎜トラベルなら限りなく100㎜サスペンションを作動させることができます)。
また油圧ブレーキに関しては軽いタッチで確実に制動してくれることからMTBでは当たり前の装備ですが、メンテナンス性やアフターパーツの安心感もあるシマノ製のものが装備されています。

初めてのマウンテンバイクには必要十分なこのモデルお勧めですよ。



**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************