Tag » MTB

MERIDA2018 マウンテンバイク

MTBで2018年完全モデルチェンジをしたのはONE-FORTYという前後140㎜ストロークのフルサスペンションモデルになります。

オールマウンテン系と言われる自走で十分登れて下りをとにかく楽しく走れるバイク。
前後160㎜のONE-SIXTY、120㎜のONE-TWENTYと同じフロートリンクシステムに生まれ変わったこのモデルはスペック上のトラベル量よりも余裕があるストローク感がありながらロス無く軽快に走ってくれるので登りでもペダリングが軽く感じるモデルです。

ONE-FORTY 800
379,000円
ONE-FORTY 600
279,000円

ロードバイクにはロードバイクの楽しみがあるように、マウンテンバイクで山道を走り抜けるのはまた全然違う爽快感がありますよ。
せっかく自転車を趣味として楽しまれているのならどちらかだけってもったいない、ロードバイク乗られている方には是非一度体験してみてください。。。ロードバイクを安全に安心して乗り回すヒントもいっぱい、スキルアップにもつながりますよ。



ONE-TWENTY 600
269,000円
フロント130㎜、リア120㎜のこのバイク、、、落ち着いたようななかに派手さがあってカラーリングかなりかっこいい!
ホントは陽の当たるところで撮影したかったんですが、、、いい色ですよ。


**************************
横浜駅西口、浅間下交差点近くのスポーツサイクルショップ、
MERIDAとSCOTTをメインにロードバイク、MTBどちらもサイクリングイベントなども行っています。
**************************


2018MERIDA  CYCLO CROSS

神奈川でもシリーズ戦が行われるようになって年々自転車の冬場の遊びの一つとして広がってきているシクロクロス。

短い競技時間の中でバイクコントロールなどいろいろな要素が必要なため、もちろんこのレースだけを追っている選手もいますが、普段ロードバイクメイン、MTBメインの方達も多く参加するようになっています。

先にご紹介したサイレックスもオフロード走行が可能ですからこのシクロクロス競技に出てみることは可能ですが、より軽快に速さを追求するならば専用開発されているモデル名もそのままなCYCLO CROSSシリーズをどうぞ。


CYCLO CROSS 9000
499,000円   (フレーム価格249,000円)
CF3カーボンフレームにSRAM Force CX1

CYCLO CROSS 6000
329,000円
9000と同じCF3カーボンフレームにSRAM APEX1

CYCLO CROSS 400
159,900円
アルミフレームにシマノ105、メカニカルDiscブレーキになります。


*表示価格は全て税抜きとなっています。


8月末日まで早期ご成約特典をご用意してお待ちしておりますのでどうぞご利用ください。
(特典内容は店頭でのみのご案内となります)


2016年、2017年店内在庫モデルSALE中です!




**************************
ロードバイク、MTBなどスポーツバイクを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダパートナーショップです。
**************************


やわたはま国際MTBレース 選手レポート2

チームの監督も兼ねる一番古くからのメンバー北島選手からのレポート
結果53位-2LAP
使用機材
・バイク 2016メリダ96 650B
・タイヤ 前後スペシャライズドファストトラック2.1
・ハンドル グラファイトデザインライズン13° 700ミリ
・ステム グラファイトデザイン10OBAL
・チェーン KMC11サポート用

今年もレースシーズンが始まった。
今年の初戦は大好きなコース「八幡浜」テクニックとパワーの両方を持ち合わせないと順位はつかないコース。
前日は昨年同様、アロマコンディショニングセンターの軽部先生にお願いしてマッサージ。
日頃の疲れを解消。肩甲骨から首にかけてとても楽になりました。

今年のゼッケンは75番。目標は完走する事。
そのためにはスタート位置が重要で前の選手を見ながらスタートの上手い選手の後ろに並びます。やはり開幕戦のスタートの緊張感たまらない。そして観客の多さワクワクする。八幡浜のコースは最初のシングルに入るまでが勝負。そこで出遅れると前との差がどんどんついてしまい完走できなくなってしまいます。
スタートでどれだけ前に出れるかが肝です。
スタートとともにペダルキャッチが上手くいき加速するが前が詰まり失速、その後も舗装路に出たところで斜め前にいた選手が急に進路変更をしてきて自分のタイヤに接触、転びはしなかったがまた失速、右から小坂光選手が加速したので、その後ろに付いて前へ進ませる。前輪がふわふわするが気のせいだと思いそのまま走ったがまさかのスローパンクだった。フロントに荷重を掛けず下り始めるがいつものスピードが出せないので気持ちが焦ってしまう。途中すごい勢いで上野サイクルの上野さんが抜いていく。あの流れに乗りたいが今は無理。悔しいが坦々と下る。
フィードで空気を入れ再スタート。

どのぐらい遅れただろうか。誰かが70番くらいと教えてくれた。

とりあえず一人一人抜くしかないので、下りは目一杯のスピードで無駄なく。登りは「みんなきついんだから」と言い聞かせ頑張ってペダルを回す。3周目あたりから前にいた選手が何名か下がってきたのでそれをパスしていく。やっと流れが出来てきたところ。しかしここででタイムアップの為−2ラップ53位で降ろされてしまいました。

開幕戦。一番気をつけないといけないスタートでやらかしてしまった。前の選手が急に横移動したとはいえ、それもレース。しかしとても悔しい。

次の朽木はパスして、次は勢和多気か富士見です。しっかり調整してレースを楽しんでいこうと思います。

今年も変わらずサポートしてくれるサイクラリー喜輪遠藤さん、KMC様、マジックワン様、保険のアイプラン様
今シーズンもよろしくお願い致します。

新規使用機材

・KMC11専用チェーン
今年から11速専用チェーン昨年のものとあまり見た目は変わらなく綺麗なゴールド。しかし変速性能が上がっていると様に感じます。とても滑らかに変速してくれた。
リンクの形状が多少変わったせいかもしれません。
KMCのチェーンは昔からかっちりしていて好きですし、変速の滑らかさもプラスされてより好きになりました。

・BELLのヘルメットゼファーミップス
ヘルメットを新調しました。被ってすぐこのヘルメット良いな。と感じました。自分は浅めの被りごごちが好きなのでその部分とミップスが影響しているかもしれませんが、ヘルメットに接している感あまり無いので涼しい。とても快適でした。

 

ここ数年厳しいレースが多かったですが、急成長中の若手から刺激を受けて今年こそはな鈴木選手

結果24位
使用機材
・バイク MERIDA BIG SEVEN
・タイヤ MAXXIS IKON2.2
・チェーン KMC X11SL-1


今年もMTBのレースシーズンが始まり、初戦の愛媛県八幡浜大会に行ってきました。
前は相性が良かったテクニカルなコースだか、近年はトラブル等であまりいい走りが出来ていない。

やれる事はやって来たし、その成果を最大限に出すべく身体をスポーツアロマコンディショニングセンター西川さん最終メンテナンスしてもらった。

難所のゴジラも無難に走れ、試走の感触もなかなか良い感じでレース日を迎えた。

スポーツアロマ西川さんにアップマッサージを受けやる気全開。4列目くらいでスタートを待つ。

13時30分スタート。
チェーンや変速の調子を見ながら前の選手に付いて行き、坂を登り切ったところから加速しシングル侵入での渋滞を狙うが、イマイチパワーが出ず前に行けない違和感を感じる。
下りとテクニカルセクションは楽しく走り前との差を詰めて1・2周目は順位を上げていき、代田選手山田(誉)選手の後ろに付いたがスタートライン後からシングルトラック入口までの区間での加速に付いていけず、その後登り区間でスピードが落ちてジリジリ後退、一旦ペースを落としても回復せず、登りをひたすら我慢して何とか完走。総合31位、エリートクラス24位でした。

まだまだ目標には程遠いが、足りない所はわかったので、次戦の朽木まで時間は無いけどレースをenjoyできるようにもがきます!

サポートに来てくれたサイクラリーキリン遠藤さん、応援して下さった皆さん、写真を撮って下さった皆さん、スポーツアロマ西川さんありがとうございました。

サポートして下さっているKMC様、マジックワン様、保険のアイプラン様ありがとうございます。
今シーズンも宜しくお願いします。

*選手のゼッケン番号は昨年のシリーズランキングとなっています。

チームにはこの他に今回は参戦できませんでしたがエリート男子(U23)1名、エリート女子1名在籍していて、一つ下のカテゴリーであるアドバンスクラスにも1名(レポートは無し)います。
マウンテンバイクに、レースに興味があるという方は何時でもご相談ください。



やわたはま国際MTB レースレポート

エリートクラス登録選手からのレースレポートを今後掲載していきます。

今季初戦となった愛媛県八幡浜には4名のエリート登録選手が出場しました。
先日も書きましたが今年からUCIクラス1に格上げされたと同時にアジアマウンテンバイクシリーズの第1戦に組み込まれたことでアジア各国からも参加者があり普段以上に盛り上がった大会でした。

昨年のジュニアカテゴリー年間シリーズチャンピオンで今年新加入の江越選手からのレポート

クラス U23/エリート男子

リザルト 7位/エリート総合27位

天候 晴れ

周回数 6周

使用バイク: 2017MERIDA BIG NINE XT

使用タイヤ F:IRC MYTHOS XC/R:MAXXIS ICON (29)

【レース前日】
会場にはレース前日の午前中に到着し、すぐに試走をするため準備と受け付けを済ませてから、その日はコースを3周ほど試走してバイクセッティングやコースの攻略を行った。

コースは昨年とあまり変更点も無かったが、コースの名物的な「ゴジラの背」と呼ばれる路面中に木の根が張り巡らせられている区間や、前半のつづら折り状の下り区間、「桜坂」と呼ばれる長い上り坂区間と、パワーが求められる区間とテクニックが求められる区間がバランスよくコース上に点在されている印象を感じた。
中でもスタート直後のアスファルトの上り坂を登り切ってから始まるつづら折りの下り区間では自分との相性も良く、レース前日に好感触を得ることが出来た。

【レース当日】
レース当日の朝は7時にホテルを出発し大会スケジュール通り7時半から試走でコースを1周だけ走った。
コースを確認したところ、特に路面状況が前日より荒れていることも無かったので機材なども一切変更はしなかった。

スタート位置は最後尾だったが、前回のCSC classicでも最後尾であったためあまり苦手意識はなくスムーズにスタートできた。
スタート直後のアスファルトの上り坂で大外のラインから少しポジションをアップさせた。
直後の下り区間では人数も多いため渋滞気味だったが、抜かせる隙があればとにかく前に出ようと攻めた。しばらくすると渋滞も無くなり程良くバラけて走り易くなったため、そこから更に前を追うと20番台辺りの位置で走行する3〜4人のパックに追い付いた。
あまり意識せず突き放そうと前に出たが中々離れずにいたが、そんな状況がしばらく続いている内にパックは僕を含めて2人となって残り2周回辺りまで続いたが桜坂を折り返した辺りでスパートが掛かり、着いて行こうとしたがそのまま徐々に突き放されてしまった。
ラスト1周で挽回しようとしたが、焦りで何度かミスをしてしまい、最後の上り坂で後ろにいた2名の選手にも抜かされてしまいそのままレースは終わった。

【感想・反省】
今回のレースでは最後尾からスムーズにスタートができたものの、上位と差を詰めるために1、2周回目辺りまでは脚を余分に使ってしまった印象があった。
そのため、後半になるにつれパック走行でもアッタクの反応が次第に遅れ、最終的にはパックでいいように利用されたのを感じた。
だが、今回のレースで僅かながらポイントも加算されたため次回のレースでは更にスタート位置も前になり、もっと上位の中で戦えることが可能となるのでとても楽しみです。
今回も沢山の応援・サポート有難うございました!!


昨年チーム内最高の成績でシーズンを終え今年のbibナンバーは21な松田選手
U23
結果10位 -1lap

バイク Merida Big Nine 7000
メインコンポ XT M8000
チェーン KMC X11-SL

自分にとっては今年のシリーズ戦の初レースである八幡浜。
去年のU23では優勝したので今年も狙っていこうと決めていた。レース前日になってエリートと混走であることとU23に該当する選手は全員U23で出走することを知る。
大人数の中でレースをできるいい練習だと思いポジティブにとらえていった。
一か月前のCSCクラシックでぎっくり腰になってしまい、いつも通りのトレーニングができなくなってしまっていた。痛みがなくなって来たとはいえレース強度になるとどのようになるかは未知の状態だった。

レース当日
朝イチに会場入りをして試走をする。前日の試走でラインどりなどは確認しているのでゆっくりとコース状況の確認をした。非常にドライで走りやすかった。
そこからはアップ開始の時間まで他のレースをみたり、リラックスして過ごした。

スタートは前の方から。前に出なければシングルで差がついてしまうと感じたので全力で前に出る作戦でいった。
少し遅れたがそこそこの番手にシングルに入ることができた。非常に気持ちよくシングルを走ることができてこれからのレースが非常によいものになると感じていた。しかし2周目の最初のシングルに入るあたりから腰の違和感が出てきてしまい思った通りに体が動かなくなってしまった。曲がることも、パワーを出すこともできなくなりひたすら我慢をするだけのレースになってしまった。途中にドロップのエスケープの方に行ったらスリップダウンもしてしまい、ボロボロな状態になってしまった。

結果としては完走することもできず終わってしまった。
コンディションを整えるといったことができずに非常に残念なレースでした。腰の方はあと少しで完治しそうなので大丈夫そうです。
次のレースはGWの朽木です。とりあえず体のコンディションを整えて後悔しないようなレースをしていきたいです。

今回初めて導入したPAXのアルミファットホイールは選べるラインが増える感じで、素晴らしかったです。また空気圧が下げれる分ゴジラのセクションでも今までの自分ではいこうと思わなかったラインを自信もっていけるようになりました。

最後にサポートをしてくれたキリンの遠藤さん、保険のアイプラン様、マジックワン様、大会の運営に関わった皆様、そして応援をしてくれた皆様ありがとうございました。


チーム名はcycleryKIRIN / KMC / iPlanといいます。
チームは下記の企業様のご協力を得て今年も活動していきます。
KMC Chain (ケーエムシーチェーン:台湾)
株式会社マジックワン (Magic One:大阪)
株式会社iPlan (保険のアイプラン:東京)


チェンライMTBレース2日目



今年も思い出いっぱいのチェンライ報告もひとまず終了です。


SINGHA Chiang Rai International MTB Challenge

もう何回目の訪チェンライになるんだろう・・・2005年くらいから行ってます。

チェンライ国際MTBチャレンジ




先日チョッとだけ書きましたがこの大会も来年の第19回大会で一度幕を閉じることになりました。
日本の会社が企画運営してきたこの大会、寂しい感じではありますがチェンライという素晴らしい場所を教えてくれたことに感謝してます。
同じ日本人なのにココでしか会わない人もいたりと正に年に一度の帰省のような気分の大会でした。



今チェンライ(タイ)でも10年前には考えられないくらい自転車ブームがきていて街には自転車屋さんも増えたし高級ロードバイクで走る人も多く見かけるようになりました。
大会の冠スポンサーであるシンハービールの広大な農園が街の郊外にあるのですが、そこもサイクリングロードが整備されたり綺麗なレストランがあったりとこの5年ほどで一気に観光地化されてシンハービール主催のイベントも年間通して数多く行われているようです。

レースの合間に自転車と一緒にゾウに乗ったり、ボートに乗ったり、、、ランチは美味しいタイ料理と至れり尽くせりな大会も来年2018年2月10日、11日がラストですので一度は行ってみたかったんだよなぁ・・・という方は思い切って来年是非どうぞ。

写真はオフィシャルが沢山撮ってfacebookにアップしてくれているのでそちらでどうぞ。
アルバム1
アルバム2
アルバム3
アルバム4

シンハーパークではこんな遊びもできますよ。


メンバーさんみんなで参加したスポーツクラス1日目の動画はコチラ


MERIDA BIG TRAIL 800 試乗車用意しました。

先日ご紹介したロードバイクに続いてマウンテンバイクの新カテゴリー650bプラスのBIG TRAIL 800を常時試乗していただけるようにご用意しました。

通常マウンテンバイクのタイヤの太さは2.0~2.2インチ幅ほどですがプラス規格のバイクは2.8幅のセミファットタイプになります。
その分今までよりもかなり空気圧を下げることが可能になることで路面との接地面積が稼げますからグリップが良くトラクションも安定してかけられるようになります。
もちろんタイヤのエアボリューム増大によってタイヤそのもののクッション性が抜群に向上しますからこのバイクのように後ろにサスペンションが無くても安心してライディングを楽しんでもらえるかと思います。
またタイヤが太くなっていることでホイールは27.5インチ(650b)ですがタイヤ外径は29インチ×2.0とほぼ変わらなくなりますので太くて重そうに思われるかもしれませんが巡航性もいいんですよ。

とこんなところが275プラスのいいところ、これからMTBを始めてみたいという方は是非候補の一つに加えてみてはいかがですか?名前の通りトレイルライドを思いっきり楽しめる1台です。
2017 MERIDA   BIG TRAIL 800         税抜き249,000円
試乗車サイズ  15インチ (380㎜)
タイヤは27.5×2.8

手元リモートレバーを使ってワンタッチでサドル高を調整できるドロッパーシートポストは今やMTBの必須アイテムの一つになりつつあります。
もちろんこれも標準装備。
リアが11速になってギア比がワイドになったおかげでフロントシングルでも大丈夫、、、フロント30T・リア11~46Tで里山ライドも安心です。
余裕の130㎜ストロークのロックショックスYARIですから里山ライドからふじてんリゾートのようなゲレンデダウンヒルまで幅広く活躍してくれますよ。

当店の常設試乗車 (10月9日現在)
メリダ リアクト4000   サイズ50
メリダ スクルトゥーラ4000   サイズ47
メリダ BIG TRAIL 800   サイズ38

メリダの2017年モデルを検討されていて一度実際に乗ってみたいというモデルがございましたらお気軽にお問い合わせください。
メーカーと日程調整の上、試乗車を借りることができる場合もあります。

**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


2017 MERIDA オールマウンテン系MTB

今回の発表でモデルチェンジ及び新作として追加された2機種がONE-SIXTYとBIG TRAIL。

ONE-SIXTY 8000  税抜き800,000円
今回はテストバイクとして上位機種8000だけでしたが、もう一つ5000(税抜き499,000円)がラインナップされています。
フロントメインフレームにカーボンを、ONE-TWENTYで好評のFLOAT LINKシステムをリアサスペンションに採用したnewモデルです。フロントカーボンにしただけでこんなに変わるの?というくらい(原因はそれだけではないと思いますけど)ハンドリングがスムーズなって前170㎜、後160㎜というロングストロークフルサスペンションバイクにも関わらず漕ぎ出しから軽く山遊びをどこまでも楽に楽しくさせてくれそうな1台になってました。

BIG TRAIL 800      税抜き249,000円
フロント130㎜、コマンドシートポストも付いた山の中で遊び倒せる1台。
各社から出てきているセミファットバイク、26×4.0~4.8という超極太タイヤが付いたファットバイクというカテゴリーからもう少し細めの方が、、、ということでこの2年ほどの間に各社から出てきているのが27.5×2.8のカテゴリーです。
650b+(プラス)や275+ともいわれるこのバイクはタイヤが太くなってエアボリュームが増大したことで接地面が広がり、登坂時、コーナーリング時の安定感が抜群でハードテイルバイクなのにショートストロークのリアサスペンションが付いているような乗り心地。
ファットバイクであったフワフワ・モッサリ感は無く、適度なクッション性とタイヤ外径が29インチとほぼ同等になることでの巡航性を手に入れられるので山遊びでの安心感も◎!
初心者の人から思いっきり山を走り回れるバイクだと思いますよ。