Tag » ロード

スポーツバイク始めてみませんか?

新型コロナウィルスの影響でいろいろ制約された生活が続いていますが移動手段に自転車に乗り始める方も増えてきて
数年乗っていなかった自転車を整備にお持ちいただくケースも増えています。

通勤通学や日ごろの運動不足解消のためにスポーツバイクを始めてみませんか?

当店ではMERIDAとSCOTTを中心にクロスバイクやロードバイク、マウンテンバイクといったスポーツバイクをご予算や用途に合わせて時間をかけてじっくりご案内させていただいています。
ブログを読み返していただければお分りになるかと思いますがE-BIKE(電動アシストスポーツバイク)も種類が増えて身体的、体力的に不安のある方でもサイクリングを気軽に楽しんでいただけるモデルがいろいろあります。

特に通勤通学で満員電車に乗らなければならない方、E-BIKEなら1時間ほどで20㎞弱の距離を頑張った乗り方しないでも移動できますから『3密』しないで適度な運動になってストレス解消にもなるスポーツバイクお勧めいたします。

そんなこれからスポーツバイクを始められる方向けにMERIDAから商品紹介動画がアップされていますのでよろしければご覧ください。
もちろんここで紹介されているモデル以外にもたくさんの魅力的なモデルがございますので、この機会に新しい趣味を兼ねて自転車を始めてみようかなと思われたらお気軽にご来店ください。

尚、当店では国内3社(ブリヂストンサイクル、ミヤタサイクル、パナソニックサイクルテック)の一般軽快車(俗にいうママチャリ)や電動アシスト自転車も取り扱っていますのでお買い物用などで自転車の新調をお考えの場合や今お乗りの自転車の修理などもご相談ください。


***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


ロード朝サイクリング

8日の朝サイクリングは八景方面に行ってきました。

第2土曜日といえば文明堂の釜出しカステラなんですが、
その前にいつものパン屋さんで朝ごはんと思ったら目の前の漁港でお祭り???

ちょっと覗いて行きましょうということで入っていったら美味しそうなものがw
結果朝食は海鮮になりました。
年に1回、しかも5時間だけのお祭りに運良く出会えてラッキーでしたね。
あっ、もちろん文明堂も行きました。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

 ***************


2020 SCOTT newモデル発表です。

新型ADDICTを筆頭に、スコットからもeBIKE2機種が国内展開され魅力的なバイクが揃ってます。
まだ紙のカタログはご用意出来ていませんが、SCOTTホームページからラインナップをご確認できるようになっています。


**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
話題のE-BIKE試乗車もございます。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


SCOTT 2020 new ADDICT RC

ツールドフランスでお披露目となったスコットの新型ADDICT RC(アディクト アールシー)。

MITCHELTON SCOTTチームにより早速ステージ勝利をものにしてバイク自体のポテンシャルの高さも実証しています。

国内での販売価格やパーツ類の仕様などはまだ正式発表になっていませんが、シリーズ全てがHMXフレームとなります。


ADDICT RC PRO
MITCHELTON SCOTT チームカラー
NEW ADDICT RC PROとして発売予定です。
光の当たり方や見る角度により妖艶にカラーが変化して見えるミスティックカラーを纏っています。
ブルー、ネイビー、グリーン、パープルと変化する美しいフレーク入りペイントは息を飲む美しさですね。(SCOTT JAPAN facebookページより引用)

*写真のパーツ類は変更になることがありますので正式発表をお待ちください。

ADDICT RC 30
*写真のパーツ類は変更になることがありますので、価格とスペックは正式発表をお待ちください。



**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
話題のE-BIKE試乗車もございます。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


MERIDA 2020 の気になるバイク紹介。

先にeBIKEのことをアップしましたがMERIDA2020年モデルの発表試乗会のために火曜水曜の2日間伊豆のX BASEと御殿場MTBパークFUTAGOに行ってきました。

2020年モデルに関してメリダはロードモデル、MTBモデルでフレームの変更を伴うモデルチェンジはありません。
2019年モデルでまだメーカー在庫が有るものもございますしSALE中でもありますので価格やカラーリングなどのお好み次第ではお買い得感があると思いますのでご検討いただければと思います。

まずはロードバイク
先に書いたようにフレーム自体のモデル変更がない事で20年モデルにもリムブレーキとDISCブレーキのモデル両方から選ぶことが可能です。
他社の20年モデルをすっでにご覧になっていらっしゃればお気付きでしょうが新設計のnewモデルはほぼほぼDISCブレーキオンリーになってきています。
当店ではずいぶん前からこれからロードバイクを選ばれる方に対してはレース使用以外であればリムブレーキをわざわざ選ぶ理由は無いと思っていましたし、油圧DISCブレーキの優位性は何度も書いたり店頭でお話したりしてきていました。
メリダでも欧州では2年前に出荷ベースでリムブレーキモデルとDISCモデルの数量が逆転していると聞いていましたのでメーカー側のこの流れは当然のことと思います。
2020年モデルのメリダ国内展開もリムブレーキモデルを残しつつDISCブレーキモデルがラインナップの半分以上を占めるようになってきました。

新城幸也選手も乗るバーレーンメリダのチームモデルが2020年モデルではCF4フレーム販売のみとなります。
SCULTURA フレームセット BAHRAIN MERIDA  リムブレーキ  319,000円(税抜き)
SCULTURA フレームセット BAHRAIN MERIDA  DISCブレーキ    329,000円(税抜き)
REACTO フレームセット BAHRAIN MERIDA  リムブレーキ  339,000円(税抜き)
REACTO フレームセット BAHRAIN MERIDA  DISCブレーキ    369,000円(税抜き)

2019年チームカラーモデルのメーカー在庫状況
REACTO 4000、REACTO 4000 DISC、REACTO 400
SCULTURA 4000、SCULTURA 4000 DISC、SCULTURA 700
それぞれかなり数が少なくなってきているモデル、サイズもありますが人気のチームカラー今ならまだ間に合います。
グロスブラックに赤とゴールドのライン、普通に見てかっこいいですよね。
最初は日本から始まった・・・
ドイツで開発をされるMERIDAはどうしてもドイツ人目線になりサイズに関していえば小さなアジア人のことは正直あまり頭になかったというのが本音なのかもしれませんが、、、
ミヤタサイクルが日本国内代理店になってから我々ディーラー側から要望してメリダが形にしてくれたのが2015年モデルのRIDE 410 &210といったスモールサイズフレームのモデルでした。身長150cmくらいの方から乗っていただけるサイズ展開をしてくださったことで女性をはじめ多くの方に乗っていただけるようになりました。
実際他の国からも引き合いがあったようで16年にはカーボンモデルも加わり19年モデルまでラインナップが増えてきていましたが、その間に更に要望を出していたのがDISCブレーキモデルのスモールサイズ。背が小さい、手も小さく握力も低い方にとって油圧ブレーキはそれこそロングライドの強い味方になってくれるのになかなかお勧めできるバイクがありませんでした。
2020年モデルではCF2フレームモデルのみですがカーボンDISCフレームモデルにこれまで無かったトップチューブ長の短いモデルがインターナショナルモデルとして登場です。

SCULTURA DISC 6000、SCULTURA DISC 4000、SCULTURA DISC 400
の3車種にフレームサイズ41(トップ長500㎜)が追加
REACTO DISC 7000-E、REACTO DISC 6000、REACTO DISC 4000
の3車種にフレームサイズ44(トップ長515㎜)が追加

更にシマノ105仕様のモデルには手の小さな方向けのレバー形状をしたST-R7025が付いてきます。

SILEXが更なる進化・・・進化と書くと大袈裟ですが・・・
元々650b(27.5インチ)のマウンテンバイクタイヤも付けれますよというものだったのですが、700×38cのタイヤ装備のモデルの他に650b×45のタイヤのモデルがSILEX+(プラス)として出てきました。
レーシングロードバイクとは違いアップライトなポジションで安定感のあるフレームはロングライドでの身体の負担を軽くしてくれます。
フレームに取り付けられるBAG類も豊富なので1泊2泊くらいの小旅行ならバイクに付けるBAGだけで出かけられ、太めのタイヤのお陰で路面を選ぶ必要もなくなるので未舗装林道からトレイルまで安心して入って行けますね。
SILEX+ 8000-E          499,000円(税抜き)
にはシマノから発売になったばかりのグラベルロード用コンポーネントGRX Di2が付いてきます。
このDISCブレーキブラケット、めちゃめちゃ握り心地いいですよ。
ブラケット先端が反り返ったようなデザインになっている上に全体が細身でしっかり握れ、ダート走行時や峠の長い下りで手がすっぽ抜けそう・・・なんて心配が全く無くなると思います。なんで他のレバーもこの形状を採用しないのか不思議。

MISSION CX  Force-Edition
659,000円(税抜き)   フレーム価格249,000円(税抜き)
写真だと伝わりにくいですがラメが入っていやはやかっこいい・・・とカラーリングはどうでもいいですかね。
こちらのモデルにも最新コンポが搭載、SRAM FORCE eTAP AXS、リア12速ワイヤレス電動変速システムが 付いてきます。

MATTS J.20+    63,900円(税抜き)
実測9.5㎏ほどの20インチホイールのキッズモデルです。
2.4インチ幅のセミファットタイヤを履くことでクッション性が増し、キッズMTBでデメリットとなりうる重たいサスペンション要らず。
油圧DISCブレーキが装備されているので手が小さくて握力無いお子様でも安心です。
身長110cmくらい~
MATTS J.24+      67,900円(税抜き)
こちらは24インチモデル。
重量10㎏チョッととこちらも同クラスではかなり軽い部類ではないかと思います。
小さなお子様が自転車を操作するのって結構力のいる作業、体重比、筋力比でいったら我々大人が20数kgのスポーツバイクだったらどうですか???という話になりますので、一緒にサイクリングを楽しんだりするのであればお子様の自転車こそしっかりした軽いものに乗せてあげたいですよね。
このモデルも当然油圧DISCブレーキと2.4幅のセミファットタイヤ装備です。
身長130cm強くらい~

メリダ2020年、この他のモデルに関しても店頭にカタログを持ち帰っていますので19年との比較などをしながらじっくりお話しさせていただきます。

2019年モデルは現在SALE中です(価格は店頭でのみお知らせいたしますのでお電話、メールでのお問い合わせはご遠慮ください)。

2020年モデルは8月末まで早期ご成約特典をご用意してご来店をお待ちしております。


MERIDA 2020年モデルの実車をいち早く見てみたいという方へ
伊豆のMERIDA X BASEでは8月31日(土)から展示車両を全て2020年モデルへ入れ替える予定となっています。
もちろん見るだけでなくレンタルしての試乗も可能ですのでご興味のある方はどうぞ。
*eBIKEの試乗レンタルは型式認定取得の関係で10月以降になるということです(展示はされます)。


***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


SCOTT new ADDICT RC

先日お伝えしました2020年フルモデルチェンジのスコット・ADDICT RCのラインアップがメーカーHPにアップされました。

トップモデルにはHMX-SLフレームが採用されますが、チームへ供給されるのはHMXフレームのモデルとなります。

価格など細かい仕様はまだ発表になっていませんが、全てのモデルがDISCブレーキモデルとなります。

他社の多くもそうですが、今後フルモデルチェンジされるものはリムブレーキ仕様が無くなっていきます。
重量や空力などのネガティブ要素がクリアされることで両方のブレーキのフレームを開発するメリットは無くなり、よりスピードコントロールから完全停止までの制動性の良さからDISCブレーキオンリーになるのは必然です。


ADDICT RC ULTIMATE
HMX-SLフレーム採用のフラッグシップモデル


ADDICT RC PREMIUM
このモデルからがHMXフレームとなります。
フレーム価格は2019年モデルで390,000円、モデルチェンジしたとしてもそんなに変わらないのではないかと思います。
ADDICT RC PRO
もうすぐ始まるツールドフランスでカラーリングお披露目となるそうですのでお楽しみに。

ADDICT RC 10
2019モデルまではHMFフレームを採用していた10、20、30も上位モデルと同じHMXフレームになります。
ADDICT RC 20
SRAM FORCE eTAP AXS仕様で2020年モデルの注目株となるであろうモデル、今聞いている価格であればかなりお買い得感ありますよ。
ADDICT RC 30
メカニカル・アルテグラ仕様と聞いています。
昔からのスコットファンの方にとってはこのイエロー×ブラックは目を引きますよね。


2019年モデルの在庫もまだメーカーにはございます。
モデルイヤーにこだわりの無い方にはお買い得な時期でもありますのでご来店お待ちしております。



**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
話題のE-BIKE試乗車もございます。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


SCOTT2020 new ADDICT RC

スコット超軽量オールラウンドロードモデルのADDICT(アディクト)がフルモデルチェンジします。



New ADDICT RC
*HMXカーボンフレーム採用
*DISCブレーキ専用
*更なる軽量化
*FOILで培ったパイプ形状による更なるエアロ効果の向上
*ヘッド周りでのワイヤー類の内蔵化

ラインナップ、価格などはまだ少し先になりますが、楽しみなバイクが出てきましたね。
先日少しだけ2020モデルの概要を聞いた中にはADDICTの他にも魅力的なモデルが国内展開されるようです。

SCOTTに関しても新しい情報が入り次第またご案内いたします。


**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
話題のE-BIKE試乗車もございます。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


MERIDA Discロードバイク試乗できます。

eBIKE関連の記事が多くなってしまってますが、当店ではロードバイクの試乗車も常時ございます。

オンロードをより快適に長距離サイクリングしようと思うとやっぱりロードバイクがおすすめで、制動力の安定性とロングライドでの握力低下予防には引きの軽い油圧ディスクブレーキがおすすめです。長い時間自転車の上にいれば否が応にもブレーキレバーを握る回数は増えます。指1本で引ける軽いタッチは一度使用してもらえばその優位性は明らかだと思いますので是非試乗してみてください。


SCULTURA Disc 4000
SILEX 400
35cと少し太めのタイヤが付いていることでオンロードだけでなく林道などのトレイルにも気軽に入って行けるSILEXは1台でいろんなサイクリングルートに対応できるということで今年も人気のモデルです。



*****************************************


当店ではシマノをはじめ、SRAM、MAGURA、AVID、などなど大抵の油圧ブレーキを扱ってきていますのでフルード交換、エア抜きなど油圧ブレーキのメンテナンスも安心していただけると思います。
油圧ブレーキは『面倒くさそう』『扱いがデリケートなのでは?』といったことを言われる方もいらっしゃいますが、ほんの少しの基本を押さえておけば輪行も全く問題無いですし、そもそもオイルが漏れたりなどというトラブルはまずありませんので純粋に油圧ブレーキのメリットだけを感じられるはずです。
あと数か月すると20年モデルが各社から発表されると思いますし既に情報が出始めているメーカーもあります。
色だけ変えたnewモデルを除いて新型・新設計を謳っているロードモデルはほぼ全てDiscブレーキモデルになりつつあるはずですので、もうリムブレーキがいいのかDiscブレーキがいいのかと悩む必要は無いと思いますよ。


**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
話題のE-BIKE試乗車もございます。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************