Tag » 商品紹介

SCOTT 2019発表

水曜日にスコットの新作展示会に行ってきました。
ロードバイクのアディクト(ADDICT)、フォイル(FOIL)はモデルチェンジこそないもののラインナップ中半数以上がDISCブレーキモデルとなり(特に上位機種)リムブレーキとどこにでもいらがいいのかという議論は別としていよいよ流れはDISCブレーキになってきているのかなと改めて感じます。

個人的にはこれからロードバイクを始める方にはバイクを止めるということに対しての安心感と安定感から圧倒的にDISCブレーキをお勧めします。特にサイクリング目的の方は信号などでのStop&Goが多かったりしますのでロングライドになればなるほどその恩恵はすぐに感じられることと思います。

マウンテンバイク(MTB)では長らくオールマウンテン系フルサスペンションバイクとして人気のジーニアスが29インチ化しました。こちらは275プラスのモデルもありますので使い方などで選択肢が増えたと思ってもらえればと思います。



また、今までもなかったわけではありませんが欧州での人気カテゴリーの一つグラベルロードもSUPEEDSTER(アルミモデル)のシリーズ内に追加されました。
発表会に全ての機種が出揃っていたわけではありません、、、
写真に出ていないモデルもかなりありますのでご来店いただければカタログ(まだイラスト版ですが)でご紹介できます。
MERIDA同様8月中は早期ご成約特典もご用意してお待ちしておりますのでお気軽にお越しください。


**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


MERIDA SILEXでのんびりロングライド

グラベルロードというカテゴリーで18年もでるとして発表されたメリダ・サイレックスは19年も仕様・カラーともに変更なく継続されます。

動画の中に出てくるようなところは国内にはなかなかないかもしれませんが、通常のロードバイクよりも長めのホイルベースと700×35cのタイヤによって安定感と衝撃振動吸収性に優れたこのSILEXは路面を気にせずどこにでも走っていけるバイクです。

映像の中で取り付けられているフロントトライアングル内に収まるフレームバッグ(税抜き4,400円~)、18.7ℓと大容量のサドルバッグ(税抜き4,600円)に加えフロントフォークのダボに取り付けられる専用ケージとバッグのセット(税抜き4,600円)も用意されていますので用途に合わせてバイクに取り付けることも可能です。

国内展開されるのは
SILEX9000 税抜き479,000円の他
9000と同じCF2フレームを採用してシマノ・アルテグラ組のSILEX7000(写真上)税抜き359,000円

アルミフレームでは
SILEX400 (シマノ105メイン+油圧Disc)税抜き209,000円
SILEX200 (シマノSORAメイン+メカニカルDisc)税抜き139,000円

といったラインナップになっています。

メリダのマウンテンバイクで培ったフレーム設計を生かしたこのモデルは長めのヘッドチューブが採用されていることでアップライトなポジションを取りやすくリラックスした姿勢でライディングを楽しむことができます。
通常のロードバイクではなんだかんだ前傾がきついと思われていた方にも最適な1台です。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

 ***************


eBIKE取り扱っています。

ミヤタ・リッジランナーに新色追加です。
フロント130㎜ストロークのサスペンションに27.5×2.8のプラス規格タイヤで走破性抜群です。
ロングストロークのサスペンションのお陰で下りの安定感が良い上に、プラス規格のタイヤはそのエアボリュームを生かして1気圧弱で走れることから路面追従性が良く安心してトレイルライドを楽しめます。
このモデルはいつでもご試乗いただけるように店頭にご用意しておりますのでお気軽にどうぞ。


MERIDAからも日本市場向けシマノSTEPS搭載のeBIKEが登場です。
すでにヨーロッパでは多機種展開されているメリダのeBIKE、その中からハードテイルのBIG.SEVENとフルサスペンションモデルのONE-SIXTYが国内導入されます。
eBIG.SEVEN 600     税抜き359,000円
シマノE8080を搭載したこちらのモデルはBIG.SEVENの名前からもわかる通りフロントに100㎜ストロークのサスペンションが付いたハードテイルクロスカントリーモデルです。
27.5×2.2のタイヤが標準装備になります(プラス規格のタイヤは装着できません)ので上のリッジランナーよりも軽快に走れることからシティユースからトレイルライドまで幅広く乗っていただける1台だと思います。
ミヤタとメリダで2つの性格の違うハードテイルモデルをeBIKEで展開するのは国内ではミヤタサイクルだけです。

eONE-SIXTY
来春発売となる(受注は来月末頃から)前後160㎜サスペンションのオールマウンテンモデルeONE-SIXTY。
私自身がとても楽しみにしている1台、価格はまだ正式に発表になっていないので書きませんが、気になる方は店頭で聞いてくださいw

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


2019 SCOTT

今週水曜日に全体の展示会がありますがそれに先駆けて先行入荷してきているマウンテンバイクの画像をご案内いたします。

フレーム自体はモデルチェンジの無いモデルですが既にメーカー在庫が有りますのですぐにでも2019年モデルに乗れますよ。



**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


8月2日(木)~4日(土)までお休みいただきます。


ドロッパーシートポスト

今やワールドカップを走る世界のトップ選手もクロスカントリー競技で使用していたりするドロッパーポスト。
ロードバイクしか乗られない方は何それ?かもしれませんが、乗車中にサドルの高さをいつでも簡単に上げ下げできるシートポストです。
下りが苦手、前後左右への身体の動きがスムーズにできないと感じている人へ、、、
自転車の上で重心移動の多いMTBではサドルがある(通常のペダリングポジションに)ことで腰を引いたり元に戻ったりという動きがしにくく感じる(サドルが邪魔に感じる)のは自然なことです。
サドルが邪魔していることで動きが制約されてしまいそれが下りの恐怖心につながることもあると思います。
ドロッパーポストは、使用することでバイク上での身体の動きに自由度が増し早くスムーズに重心移動ができるようになりますから暴れるバイクをコントロールするバランスを取りやすくなります。
下記に当店取り扱いの商品を下記にピックアップしておきます。
ワイヤレスですのでハンドル回りもスッキリで取り付けも普通のシートポストと同じ感覚でできます。
この他にもあったりしますのでご興味あればご相談ください。


ミズタニ自転車からもE-BIKE発売になります。

シマノのEスポーツバイクコンポーネンツE8080を搭載した電動アシストクロスバイク、

Seraph 「E-01S」が5月に発売になります。
税抜380,000円

ご予約承ります。


シマノのスポーツE-Bikeコンポーネント「STEPS」を搭載。
グラベルロードの基本設計を元に、走行性能・安定性・軽量化を追求。
アシスト時も勿論、アシストが切れた状態でも重さを感じず軽快さを味わえるバイクとなっています!

Seraph(セラフ)とはミズタニ自転車のオリジナルブランドで、
昭和20年代に同社が国内で自転車を製造していた時のスポーツバイクのブランド名です。



ミヤタCRUISEとどこが違うのか、、、
電動アシストユニットであるシマノSTEPS E8080とバッテリー(E6010)は同じものが使われています。

Seraph E-01S              CRUISE
カーボンフォーク             アルミフォーク
10段変速                 9段変速
前後スルーアクスル            前後クイックレリーズ
フレームサイズ              フレームサイズ
500㎜(TOP525㎜)の1サイズ       430㎜(TOP546㎜)と460㎜(TOP565㎜)の2サイズ

細かい部分は店頭でご案内しますが大きなところだとこんな感じでしょうか。

E-BIKEはモーターの力を変更、アシスト比率変更(この2点は普通にはできません)、ホイールの周長変更以外でしたらパーツを交換したりしても法的には問題ありません。
乗りながら好みのパーツに交換したりしていくことは普通のスポーツバイクで行っているように可能です。

 

**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


ケガを防ぎ、疲労を残さないために

何度かご紹介しているマッサージオイル。
運動の前後に使用することでケガ防止、疲労回復促進に効果のあるものです。

100%植物由来のエッセンシャルオイル(レモングラス、ユーカリプラス、ローズマリー、ジェラニウム、ジュニパー、サイプレス、グレープフルーツ、ティートゥリー)がバランス良く配合されたスポーツをされる方向けのアロママッサージオイルとなっています。

aroma vera   for sports
税込2,160円
→→→ 数量限定 税込1,836円


E-BIKEって何?

E-BIKE、E-BIKEって何度も書いてますが電動アシストスポーツバイクって何?ってことを書いてみます。

ヨーロッパ、特にドイツやオランダなどではこの数年でスポーツバイクの中で販売シェアを一気に伸ばしてきているE-BIKE(電動アシストスポーツバイク)。
ドイツでの昨年のデータでは平均購買年齢が45歳と3年前の60代半ばから20歳以上購買層が若年化してきています。
これは最初は体力などに自信が無かったりな方達が街乗りや散歩の脚代わりに購入していたものが、自転車をスポーツとして楽しむ人にまで広がってきてる証拠です。

日本では道交法の関係で欧米で販売されているシステムをそのまま持ち込むことができなかったため市場投入が少し遅くなりましたが、昨秋シマノがE-8080という日本国内向けの電動アシストユニットを発表したことで日本国内にもE-BIKEの波が来ようとしています。

ここで気になるであろうことが欧米のユニットじゃないとパワーが無かったりスピード出なかったりするんじゃない???ということではないでしょうか?

結論から先に言うと

全く心配ありません。

ヨーロッパでも電動モーターでアシストしていいスピードは時速25km/hまでと日本とほぼ一緒。

何が違うのかというとその時速までのアシストもしかたです。

最大トルクはメリダの欧米向けシマノユニットを搭載したものと体感的に変わりありません。

すごく滑らかに加速していき、24km/hでアシストが切れたときも何もショックが無くそのまま同じ感覚でペダリングし続けられますので平地では35km/hくらいまでは普通に加速して行けます。

この点が今まで一般的に知られているママチャリタイプの電動アシスト自転車との一番の違い。

また電動アシストにはアシスト比率というものが設定されていて自分の漕いだ力の最大2倍までモーターで補助していいとなっていますが、ブリヂストンやパナソニックなどのママチャリタイプ電動アシスト自転車は駆動系パーツの耐久性の問題(アシスト付きでないものとホイールやブレーキなどが同じものを使用している)などからこのアシスト比率は1:2を下回っていますので一番アシストの欲しいスタート時からして全く別物です。

E-BIKEは昨秋あたりからあちこちのメーカーから出てきはじめています。
ただいろいろ気になる点があったりで、、、他社製品のことをいろいろ書くと問題あったりしますのでここでは割愛、お聞きになりたい方は店頭で。。。

今回ミヤタサイクルが発売するクロスバイクとマウンテンバイクは今のスポーツバイク事情をしっかり盛り込んだ仕様になっています。
その上でシマノのユニットはバッテリーにも余裕がありどちらも最大で100㎞以上のアシスト走行可能です(時速24km/hを超えると基本的に電気を消費することはありませんので走り方次第ではカタログ値の1.5倍くらいのアシスト走行距離になるかと思います)。

普通のロードバイクやマウンテンバイクで走っていて全く問題ない、ツライこと好きだし、ツライことした達成感がいいんだしという頑張れてしまう人には全く興味無いでしょうし無理に理解を求める気もありませんが、
今までサイクリングって気持ちよさそうだなぁと思いながらも体力、筋力、心肺機能などの問題などから諦めていた人にとってはモーターの補助を得られることで体にかける負担を低強度に抑えながら長時間・長距離の運動を可能にする乗り物だと思います。
ココ大事です、アシストはしてくれますが自分でこぐことには変わりありませんのでしっかり運動にはなります。
またマウンテンバイクやる方は少なからず経験あるかと思いますが、気持ちいい下りを堪能した後に『もう1本!』と思いつつもそれをもう1回味わうためには・・・・・やめとこw
となっていた場所をもう1回どころか更に、、、と楽しみ倍増になる可能性のあるバイクです。

とにかく結構な坂道もシッティングで軽いギアをクルクルしてるだけで時速17km/h前後でスイスイ息も切らさず登れてしまうので今まで登りが辛くて辛くてなるべく平坦なルート探してサイクリングしていたなんて人にとっても怖いもの無しになりますしむしろ登りが楽しくなるバイクですよw

*ヨーロッパでのE-BIKE
日本では電動アシストスポーツバイク=E-BIKEととらえていますが、ヨーロッパではE-BIKEというのは文字通り電気の力を使うバイクのことで3つのカテゴリーに分けられています。
Pedelec 25km/h(Pedal Electric Cycle)
こちらがメリダやスコットを始めする多くのスポーツバイクメーカーが現在主力として開発販売しているE-BIKEです。
この他に
Speed Pedelec 45km/h
こちらは45km/hまでアシストしてくれるタイプですが、運転免許と車両へのナンバープレートが必要な車種
そして
E-BIKE
向こうでいうE-BIKEはまんま電動バイク。ペダルアシストではなく電気モーターオートバイ、もちろんこちらも免許とナンバーが必要です。