Tag » 商品紹介

MERIDA eONE-SIXTY800入荷してきました。

MERIDAのフルサスペンションeマウンテンバイク、eONE-SIXTTY800が入荷してきました。
Sサイズ1台のみ店頭在庫あります(その内私が乗っちゃうかもしれませんが・・・)。
550,000円(税抜き)

2020年モデルもこのまま同じものが今秋発売になりますが価格は税抜き580,000円となります。

また先日海外サイトで発表になっている新型フレームのeONE-SIXTY、フロントカーボン、リアアルミフレームでフレーム内臓バッテリー(シマノ純正としては初めてのインチューブバッテリーでメリダに最初に供給となりました)となりますがこちらも国内展開される予定です。
価格など今知っている情報は店頭でのみお答えいたしますので気になっている方は是非ご来店ください。
メリダ2020年モデルの正式発表は7月下旬になりますので、現行モデルと比較検討される方もお待ちしております。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

 ***************


MERIDA Discロードバイク試乗できます。

eBIKE関連の記事が多くなってしまってますが、当店ではロードバイクの試乗車も常時ございます。

オンロードをより快適に長距離サイクリングしようと思うとやっぱりロードバイクがおすすめで、制動力の安定性とロングライドでの握力低下予防には引きの軽い油圧ディスクブレーキがおすすめです。長い時間自転車の上にいれば否が応にもブレーキレバーを握る回数は増えます。指1本で引ける軽いタッチは一度使用してもらえばその優位性は明らかだと思いますので是非試乗してみてください。


SCULTURA Disc 4000
SILEX 400
35cと少し太めのタイヤが付いていることでオンロードだけでなく林道などのトレイルにも気軽に入って行けるSILEXは1台でいろんなサイクリングルートに対応できるということで今年も人気のモデルです。



*****************************************


当店ではシマノをはじめ、SRAM、MAGURA、AVID、などなど大抵の油圧ブレーキを扱ってきていますのでフルード交換、エア抜きなど油圧ブレーキのメンテナンスも安心していただけると思います。
油圧ブレーキは『面倒くさそう』『扱いがデリケートなのでは?』といったことを言われる方もいらっしゃいますが、ほんの少しの基本を押さえておけば輪行も全く問題無いですし、そもそもオイルが漏れたりなどというトラブルはまずありませんので純粋に油圧ブレーキのメリットだけを感じられるはずです。
あと数か月すると20年モデルが各社から発表されると思いますし既に情報が出始めているメーカーもあります。
色だけ変えたnewモデルを除いて新型・新設計を謳っているロードモデルはほぼ全てDiscブレーキモデルになりつつあるはずですので、もうリムブレーキがいいのかDiscブレーキがいいのかと悩む必要は無いと思いますよ。


**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
話題のE-BIKE試乗車もございます。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


MERIDA eONE-SIXTY800

5月に先行予約分が入荷してくるメリダのフルサスペンションeマウンテンバイク、eONE-SIXTY800は2020年モデルとして本格的に展開されることになりました。
入荷時期は9月~10月頃、価格は税抜き580,000円(先行受注分から30,000円値上がり)となります。
10月には消費税も上がりますのでお考えの方はお早めのご予約をお勧めいたします。
こちらが2020年モデルとして展開されるモデルで仕様は5月に入荷してくるものと基本全く一緒になります。
(伊豆のMERIDA X BASEで実車展示中、5月には当店にも入荷してきます)
サイクルコンピューター部分は下の小型化された新型が付いてきます。
5月の先行分は完売しております。
2020年モデル、もちろん当店でご予約承っておりますのでご来店お待ちしております。

シマノSTEPS搭載モデルの試乗車(ミヤタ・リッジランナーとMERIDA eBIG.SEVEN600)を常にお試しできるように店頭にご用意しておりますので最近話題のeBIKEって実際どうなのとご興味出てきた方もお気軽にお試しください。

********************************
最初にも書きましたが10月には消費税が10%になります、当たり前ですが10万円の商品だと2,000円変わってくるということ。
自転車も例外ではありません。
それに加えて原材料費の高騰や、国内では配送費の高騰などの影響もあって既に自転車パーツなどはここ数年価格改定で値上げが続いています。
2020年モデルの自転車本体に関しても同様、各社今年のモデルよりも安くなるということはまず無いというよりも同じモデル名でも値上げされるかスペックダウンを余儀なくされると思っておいた方がよろしいかと思います。
(eBIKEに関しては一度型式認定を取ったモデルに関してはパーツを変更すると認定再取得となることから上のeONE-SIXTYは2020年モデルもそのままのスペックとなるとのことです。)
********************************

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


SRAM EAGLE AXS

ロードのRED AXSと同時にマウンテンバイク向けコンポーネントのEAGLEでも電動ワイヤレス変速システムのAXSが発表になりました。
SRAM EAGLE AXS
今のところ写真に写っているパーツセット(クランク、シフター、RD、カセット、チェーン、バッテリー、バッテリーチャージャー)でのみの販売となります。

軽量性を重視したXCレース&トレイル向けの
XX1 EAGLE AXS   税抜き278,000円

エンデューロ&トレイル向けに重量よりも堅牢性を重視した
X01 EAGLE AXS   税抜き267,000円

これと同時に発表されたのが電動ワイヤレスドロッパーシートポストのReverb AXS
従来のドロッパーポストのように操作するためのワイヤーが無くなることでハンドル回りはスッキリするばかりか、ポスト径が同じサイズのフレームであれば通常のシートポスト同様簡単に付け替えもできます。
Reverb AXS  税抜き108,000円

3月中旬発売開始となるようですのでシーズンインに向けてご予約お待ちしております。

**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


Seraph E-01S のスモールサイズ追加発売です。

ミズタニ自転車のeBIKE、Seraph E-01Sにシートチューブ長450㎜、トップ長500㎜のスモールサイズが追加されました。
Seraph E-01S    税込410,400円

このモデルもシマノSTEPS E8080を搭載している点ではミヤタCRUISEなどと同じです。
ミヤタCRUISEがクロスバイクのフレーム設計なのに対して、Seraphはグラベルロードを元にした設計となっています。

モーターユニット、バッテリーは同じものを積んでいるのになぜ10万円強も価格が違うのか、、、
それはカーボンフォークにはじまり、シマノDEOREリア10速にホイールまでシマノを纏い、タイヤはコンチネンタル、サドルにはSMPとミズタニ自転車が取り扱っているブランドの商品を贅沢にアッセンブルしているため。

そのため車重もCRUISEに比べ1kg以上軽くなっています。

CRUISEを1kg減量しようと思うととてもこの価格差では実現できませんので、どうせ買うなら少しでも軽いeBIKEが欲しいという方にはお勧め、もちろん当店でもお取り扱いしております。

上で書いたフレーム設計の違い含め、eBIKEってどんなものなの?海外の製品との違いは?なども当店の試乗車に乗っていただいた上で詳しくお話しいたしますのでお気軽にお尋ねください。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

 ***************


eBIKEに搭載されているユニット シマノSTEPS

当店でお勧めしているeBIKE、ミヤタ・リッジランナー、クルーズとMERIDA・eBIG.SEVEN 600に搭載されているアシストユニットはシマノのSTEPS E8080というシリーズになります。
上の写真は海外向けE8000のため一部パーつの形状が異なっていますが、
そのパーツ構成はBB部にあるドライブユニット(モーター部)、クランク、チェーンリング、バッテリー、バッテリーマウント、バッテリーチャージャー、スウィッチ、サイクルコンピューター、専用リアブレーキローター、スピードセンサーなどからなります。

eBIKEってすごく高いとお思いのかたも多いと思いますが(まぁ実際結構な金額ですけど)、上記のアシストに関わる上記ユニットの総額は(ドライブユニットは一般には販売されていませんのでメーカーに問い合わせた概算です、それ以外のパーツは補修などのために市販されています)、

ミヤタ・RIDGE-RUNNERとMERIDA・eBIG.SEVEN 600に付いているE8010バッテリーの仕様で約30万円、容量が少し小さなE6010バッテリーのミヤタ・CRUISEの方でも約27万円(バッテリー以外は同じユニットになります)ほどとなっています。
念のためもう一度書いておきますがこの価格は上の写真+αのパーツの値段です。

ミヤタ・CRUISEの税抜き本体価格は269,000円、、、、フレームはもちろん、ブレーキシステム、リアディレーラー(RD)、カセットスプロケット(CS)、ホイール、タイヤ・・・・・は、、、

MERIDA・eBIG.SEVEN 600 税抜き本体価格359,000円
MIYATA・RIDGE-RUNNER 税抜き本体価格369,000円
(写真のリッジランナーは一部パーツを変更してあります。)
フロントサスペンションはどちらも5万円前後のものが付いていますので、こちらもフレーム、ハンドル、サドル、シートポスト、CS、RD、ホイールなどなどは・・・・・
といった計算になります。

*********************************

先日は伊豆のMERIDA X BASEを起点にチョッと天気悪かったのですが一度長浜城跡のある海岸まで行って戸田峠へ最大20%強の登坂を含む40㎞ほど(獲得標高1000m)のeBIKEサイクリングへ行ってきましたが、終始おしゃべりしながら時速15㎞前後で登って霧雨で寒い中でも伊豆の歴史を聞きながら楽しく走ってきました。
今までスポーツバイクでのサイクリングを傍目に見ながら憧れていたものの体力的にも自信が無くて踏み出せなかったみなさん、eBIKEは誰が乗ってもしっかりアシストしてくれることでかなりの激坂でも10数㎞/h前後で走れ、心拍も極端に上がらないですみます。
その分車だとあっという間に通り過ぎてしまったり、普通のロードバイクなどではゼェーハァー下見てダンシングしないとならないようなところでも景色を堪能しながら楽しめますよ。

メリダ・eBIG.SEVEN 600とミヤタ・リッジランナーの2台は当店でいつでも試乗可能です。
(安全のため営業日のOPEN~日没までとさせていただきます)

eBIG.SEVEN 600にはクロスバイクの間隔も味わっていただけるように700cのタイヤを付けたホイールもご用意してますのでミヤタ・クルーズだとこんな感じというのも体感していただけると思います。

店周辺での30分以内の試乗は無料(もちろん2台乗り比べもどうぞ)です。

もう少し長く乗ってみたいという方へ
3時間3,240円(税込)で試乗レンタルもいたします。
レンタル後、1か月以内に自転車をご購入いただける場合はご購入代金からレンタル料金を差し引かせていただきます。

*試乗の際には身分証明書をお預かりさせていただきますので予めご了承ください。

上記の他にも当店にはご試乗いただけるバイクが何台かございますので詳しくは店頭でお申し付けください。

***********************************

先月30日でメーカー受注締め切りとなったeONE-SIXTY800、、、気になっていたけど考えている間に日にち過ぎちゃったという方は早めにご連絡いただければ手に入るかもしれません・・・お気軽にお問い合わせください。

**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************


MERIDA eONE-SIXTY800 ご予約受付は今週30日までです。

欧州で一昨年発表と同時にMERIDAが当初予測していた以上の受注が入り、各メディアでの評価も高い電動アシストフルサスペンションMTBが日本国内向けにシマノSTEPS E8080を搭載して発表されましたというのは先日もお伝えしました。

MERIDA  eONE-SIXTY 800
(E-MOUNTAINBIKE MAGAZINEのサイトにリンクしてます)

今シーズンは受注分限定生産となります(納車は来春5月頃)。

ご予約受付は11月30日(金)までとなります。
次回は無いとのことです(2020年モデルとして来年7月発表で再度国内展開するかどうかもまだ決まっていないそうです)。


下の動画はeONE-SIXTY900を紹介しているものになります。
日本国内に展開される800との違いはサスペンションや変速機関係などでフレームとアシストユニットもE8000からE8080になるだけで同じものになります。
またカラーリングは我々パートナーショップのわがまま?をMERIDAが聞いてくださりインターナショナル展開の800と同じではなくこの動画に出てくる900と同じものになります。


************************************************

eBIKE先進の欧州で年々人気が拡大しているのが山の中で遊び倒すためのパフォーマンスeMTB。
MERIDAは昨年の段階でアジア、特に日本市場向けに欧州で販売しているフレームを生かしてシマノSTEPS8080を搭載するためにカスタムを施してなるべく早く投入できるように準備を進めると言っていました。

その第一弾が7月に発表になったeBIG.SEVEN 600だったのですが、待望のフルサスペンションモデルが来春発売になります。
前後160㎜トラベルのサスペンションを搭載したオールマウンテンモデルのONE-SIXTYは同クラスのバイクの中では元々登りなどでもしっかり走ってくれるバイクとして定評がありましたが、それに電動アシストユニットが追加されることで誰だってツライ登りを難無くこなせるようになることでより長い時間距離を遊びまわれるようになります。
受注分限定販売となるこのバイクの受注締め切りは11月30日までとなっていますので気になる方はお早目にどうぞ。
伊豆の国のMERIDA X BASEではカラーリングは異なりますが実車を見ることもできます。
税抜550,000円

ご予約お待ちしております。
カラーリングはこんな感じになります(サスペンションユニットなどパーツの仕様はこの写真とは異なります)。
これぞMERIDAなグリーン主体のフレームは山でも街でも映えますね。
昨年10月にメリダ・パートナーショップ向けのミーティングで初めて現物を見て乗って(欧州版)、その後今年7月の19年モデル発表会ではE8080を搭載した国内仕様をさんざん試乗してきました。
eBIKEってどんな感じのものなのか?欧州版との違いは?など電動アシストスポーツバイクのことでしたら私自身それなりに乗っていますのでお気軽にお尋ねください。

eBIG.SEVEN 600は常時店頭に試乗車がございます。

先日のMTB朝サイクリングはeBIG.SEVENで、、、27.5インチのBIG.SEVENにホイールを交換し700×45cのグラベルタイヤを装着してオンロードでの走行性を良くしてみました。
(左が標準装備の27.5×2.2、右が700×45c)
走る環境、遊び方でタイヤの選択肢が広いのはマウンテンバイクだからこそ、、、この700c仕様ならオンロード主体で林道走行も含めたロングライドもSTEPS E8080の大容量バッテリーBT-E8010のお陰で安心(ミヤタCRUISEに搭載されているBT-E6010バッテリーよりも容量が大きいです)ですし、マウンテンバイクですから元の27.5×2.2のタイヤであればそれこそどこでも走りに行けます。

是非最新の電動アシストスポーツバイクを体験しにお越しください。

当店ではもう1台ミヤタ・リッジランナーも常時お試しいただけます。

***************
横浜駅西口・浅間下の自転車屋
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクに今話題のeBIKEも扱っております。

MERIDA PARTNER SHOP

***************


MTB始めてみませんか? SCOTT SCALE

明日18日(日)はロード1dayサイクリングを開催するためお休みさせていただきます。

********************************

これからマウンテンバイクを始めてみようという方にお勧めの2台が入ってきました。
トレイル遊びはこれから冬の間が一番楽しめます、下草が無くなり、虫もいなくなって快適。

そんなトレイルライドを買ったままでも十分に満喫できるエアサスペンションと油圧ブレーキを搭載したモデルがこちら、、、



SCALE 960       税抜き159,000円
SCALE 980   税抜き135,000円

2台の違いはフロントサスペンションとブレーキのグレードの差だけで、ドライブ系はどちらもSRAM NXのフロントシングル×リア12速となっています。
先にエアサスペンションと書きましたが、サスペンションはダンパー機能とスプリング機能が合わさってサスペンションという衝撃吸収を担うものになっています。そのスプリング機能には金属コイルバネを用いたものと、空気圧を用いた2種類が主流で、前者は最初に入っている金属バネの強さによってほぼ伸び縮みする硬さ強さが決まってしまいますが、エアを用いる後者は空気圧を乗り手の体重などに合わせて細かく調整できることでサスペンションが本来持っている性能を使いやすくなっています(100㎜トラベルなら限りなく100㎜サスペンションを作動させることができます)。
また油圧ブレーキに関しては軽いタッチで確実に制動してくれることからMTBでは当たり前の装備ですが、メンテナンス性やアフターパーツの安心感もあるシマノ製のものが装備されています。

初めてのマウンテンバイクには必要十分なこのモデルお勧めですよ。



**************************
ロードバイク、MTBを始めてみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。
サイクラリー喜輪は横浜駅西口浅間下交差点近く、メリダとスコットがメインの自転車屋です。
**************************