Tag » MTB

MERIDA2016 注目モデル入荷しました。

先程入荷してきて組み立ては来週になりそうですが、店頭在庫分として今年注目の2台が入荷してきました。

SCULTURA 6000      サイズ52     税抜き349,000円
フレーム価格269,000円(税抜き)のランプレメリダも使用するチームモデル(CF4)と同じフレームにシマノ・アルテグラが装備されています。


ONE-TWENTY 7.XT  Edition      サイズ46     税抜き309,000円
マウンテンバイクを1台買ってあらゆるシーンで思いっきり楽しめる1台は?と聞かれたら私としては迷わずコレをお勧めする前後120㎜サスペンションのミドルグレードモデル。


ダウンヒル遊びに行ってきました。

昨日は参加者17名で富士五湖・西湖近くのふじてんリゾートに遊びに行ってきました。
ここは登りはリフトで、いくつもある林間コースを下りだけ存分に楽しめます。

更にミヤタサイクルからも普段はロードがメインのお二人が最新試乗車を7台も持って駆け付けてくれて天気はイマイチでしたが楽しい1日でした。

雨模様のお天気でもそこは常設コースなので普段のトレイル遊びでは経験できない変わり行く路面状況の中で個々のバイクの性能を堪能できたのではないかと思います。

写真は楽しみ過ぎて(天気悪かったのもありますけど)開始前の集合写真のみwww

その代わりSHIMANOカメラで撮影した動画を編集したのがコチラです。


野辺山に行ってきました。

土日は昨年も行ったシーナックキャビンに遊びに行ってきました。

昨年はロードとMTBの2班に分かれて走りましたが、今年はMTBオンリー。
2日間標高1500m付近でたっぷり遊んでたっぷり食べての大人の夏休み、MTBほぼほぼ初体験の女性二人も森の中をしっかり楽しめたようです。



楽しみ過ぎて写真少なめですw


2016 MERIDA マウンテンバイク

当店ではこの数年スポーツバイクの入り口がロードバイクだった方達がMTBもやってみようかなとご来店いただくケースが増えています。
今はランプレの影響からロードバイクブランドとしての認知度も高まったMERIDAですが、MTBはそれ以前よりマルチバンメリダバイキングチームの活躍などもあって本場ヨーロッパでは絶大なシェアを誇っています。

走り方遊び方に合わせて様々なカテゴリーのモデルをラインアップしてますよ。



まず何と言っても注目度No1はNINETY-SIX。
TEAMモデルの写真は以前ドイツでの発表の時にもアップしましたし、こちらはフロントトライアングルにカーボン、スイングアームにアルミを採用したフレームにシマノnewXT仕様のモデルです。

フレームサイズSとMに27.5インチホイール、MとLサイズに29インチホイールの設定があります。
Mサイズは2種類のホイールサイズから選べることになりますが、もちろんフレームは別設計になっていて単にホイールを換えただけではありません。
2016年お勧めのXCレーシングマシンですよ。
NINETY-SIX 7.XT   または   9.XT     税抜き429,000円

当店でも遊びに出かけるふじてんリゾートや富士見パノラマなどで大活躍してくれる前後140㎜ストロークのオールマウンテンバイク。
サスペンションに余裕があるので下りを安心して楽しめる反面、登りもしっかりこなしてくれる1台です。
ONE-FORTY 7.900     税抜き469,000円

15年モデルは人気で早い時期に無くなってしまったONE-TWENTY。
16年は更に軽量化を進めたフロントカーボンのモデルも追加されたのでより一層トレイルでの快適性を満喫させてくれるかと思います。
写真は鮮やかなパールグリーンのアルミミドルグレードのシマノXT仕様モデル。
上のONE-FORTYもそうですが、この位派手派手の方が気持ちも盛り上がりますよね、、、とは私だけの好みかなぁ?笑。
ONE-TWENTY 7.XT Edition    税抜き309,000円


ハードテイルのBIG NINE、BIG SEVENシリーズはフレームに変更はありません。
トップモデルの9000はチームカラーではありませんがチームが使用しているのと同じCF5フレームにシマノXTRとなっています。
ヨーロッパ各国から要望が多かったようでチームカラーを採用しているTeamモデルは1つフレームグレードを落としてスラムXX1仕様でお値段控えめ設定で発表となりました、、、まぁそれでも税抜き600,000円ですけど。
マウンテンバイクXC界の女王ガンリタ選手が今年のマラソン世界選で優勝し世界選手権通算10勝目をあげたのもBIG NINE teamです。


MERIDA 2015 マウンテンバイク・キャンペーン

先日お伝えした通りXC系フルサスペンションは新しくなりますが、その他のモデルは2016年もフレームに変更はありません。

ただし価格は1割弱上がる予定だそうです・・・これも前からお伝えしている通り輸入品ですから仕方ないですよね。
というわけでスポーツバイクをお考えの方は2015年モデルの方が何かとお得です。

ここ数年ロードバイクからスポーツバイクの世界に入った人が、新たな楽しみとしてMTBも始められるケースが増えてきています。
ロードよりも遊び要素が濃い乗り物ですから、始めてみたらもっと早くにやればよかったなんて声も聞けたりします。。。

MERIDA  2015 マウンテンバイク・キャンペーン
6月20日~7月31日まで
BIG .NINE
BIG .SEVEN
NINETY-NINE 9
ONE-TWENTY 7
ONE-FORTY 7
ONE-SIXTY 7

クロスカントリー競技からトレイルライド、ゲレンデダウンヒルまで用途に合わせて幅広くラインアップされた中から皆さんの遊び方に合わせてじっくりご説明いたします。
もちろんご購入後は一緒に遊びながら乗り方遊び方などもお教えできるかと思いますので、買ったはいいけど『どこでどうやって遊べばいいの?』となる心配はありませんよ。

在庫の少なくなってきているモデルもございますが、全モデル◎▲%offとなります。
割引率は店頭でのみご提示いたしますのでご了承ください。

2015 BIG .NINE XT
299,000円→→→2??,000円
このモデルは現在店頭にサイズ43を展示中です。

2015 BIG .SEVEN 500
139,900円→→→1??,000円
このモデルは現在店頭にサイズ38を展示中です。


ふじてんリゾート行ってきました。

昨日は1Day MTBイベントとして山梨県のふじてんリゾートに参加者10名様と行ってきました。

リフトに乗って登りを楽して下りだけ楽しめるのマウンテンバイカーにとっては天国w、コースはしっかり作りこまれているのでXC系バイクでも十分楽しめます。
今回はゲレンデ下部に設けられたスキルパーク(ジャンプ台)にも挑戦、近くにいたベテランラダーさんが的確なアドバイスをくださって気持ちいい浮遊感も体験できましたね。

これから秋の終わりまで里山はハイカーさんが多くなりますし、そうでないところは蜘蛛の巣いっぱいw、逆にスキー場のゲレンデを利用した専用コースは夏場だけなのでスキルアップのためにもまた行きましょう。何より富士の麓で(昨日は富士山少しだけしか顔出してくれませんでしたけど)涼しいのがいいですよね。

動画はヘルメットに取り付けたシマノカメラで撮影したものです。



次回のKIRIN 1Dayサイクリングは月末28日(日)のロードで富士山1周、こちらも年に一回の恒例イベントになってます。
1人じゃ無理でも皆と一緒なら頑張れる・・・かもw
サポートカーが1周一緒に走りますのでどうしても無理ッなら途中ドライブもOKな当店ならではのお気楽サイクリングですのでrオードバイク始めたばかりの人でも安心して参加してもらえます。
この夏ロードバイクでもMTBでも一緒にスポーツバイク始めてみませんか?

当店でお買い上げいただいた方には上記のようなサイクリングの他にパンク修理などの講習会も行っておりますので、スポーツバイク購入をお考えの時にはお気軽にご相談ください。


MERIDA 2016 New NINETY-SIX

2012年に発表された29erフルサスペンションバイクNINETY-NINEから26インチ時代のNINETY-SIXにモデル名は戻りましたが、中身はさらに進化しました。

今度のXC(クロスカントリー)フルサスペンションモデルは、ホイールサイズが2種類用意されています。
フレームサイズ
S・・・27.5インチ
M・・・27.5インチ &  29インチ
L・・・29インチ
ライダーの体格に合わせて最適なポジションを得られるようにフレームサイズとホイールサイズの両面で選択できるようになりました。
リアホイール作動量は29インチモデルが96㎜、275インチモデルは109㎜となっています。

29er・Mサイズでのフレーム重量は現行NINETY-NINEよりも200gほど軽量化されフレーム単体(リアサスペンションユニットを除く)で1700g、
BBハイトが13㎜下げられ、トップチューブとヘッドチューブが1cmづつ短くなっています。
これによって今までよりも
*ハンドル位置を下げやすくなる。
*ホイールベースが短くなったことでハンドリングがより良くなる。
*バイク上での上体の動きの自由度が高まる。
というマルチバンメリダメンバーからの要望を実現しています。

というのが製品プレゼンテーションの簡単な中身。。。

今回新しく発表され同時にWCでデビューしたNINETY-SIX。

Albstadt大会ではホセ、トーマス、チンクの3選手が使用しました。
ホセ選手の使用しているバイクは29インチ・Mサイズ9.6kg、


16年モデルで販売されるチームモデルも写真と同じくロックショックスRS-1にスラムXX1となります。

実際に乗ってみて、
私自身現行NINETY-NINE(Sサイズ)にも乗っていますが、それよりも更にリアの動きがスムーズになっているように感じ、しっかり路面を捉えてくれる安定感がありました。
レースで速く走るための武器であることはもちろんですが、トレイルサイクリングをより楽に楽しく走りたい人にも是非試してもらいたい1台。

WCではそのコース特性からして軽量フルサス29erは今や必要不可欠アイテム、今XCで速く走るためのバイクでもありますね。
7月下旬の国内発表ではそこに27.5バージョンもお披露目になるはずですのでまた乗り比べが楽しみです。

ちなみにCF5フルカーボンフレームを使用したTEAMモデルの他に、
フロントカーボン×リアアルミ
オールアルミ
のモデルも発売されます。


2016MERIDA ONE-TWENTY Carbon

フロントトライアングルがカーボン化されたONE-TWENTY。
フレーム重量が400g軽量化されたことで軽快感が増して更に楽しいトレイルバイクになりました。


もちろん国内でも展開されます(上の写真のカラーリングですが細かい仕様は変更になるかもしれません)。

ホイールサイズは27.5と29が発表されましたが、今のところ国内では27.5のみの展開になるようです。

15年モデルも人気だったONE-TWENTY、前後120㎜ストロークのサスペンションはトレイル遊びにもってこいですよ。